ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠中、とにかく辛かったのは全身を襲うすさまじいかゆみ、かゆみ!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠初期の段階で、腹部と背部が少しかゆいな〜と思っていました。

 

妊娠線の予防も兼ねて、病院ではかゆみ止めとして産婦人科でヒルドイドを処方してもらい、とにかく保湿をしていましたが、かゆみがおさまることは無かったです。

初期から中期にかけては、腹部と背部にかゆみがありましたが、我慢できないほどではなかったので、皮膚科に相談しようとも考えませんでした。

 

関連記事:つわりだけかと思ったら…かゆみ、偏頭痛など次々やってくるマイナートラブルにびっくり!

しかし、後期に入ると、顔から下、もはや全身にかゆみが生じてきたのです。搔きむしり後がついてしまうくらい、一日中ずっとかゆみが続きました。特に、身体が温まるお風呂上がりや、布団に入った時が一番辛く、四肢、腹部、背部、腰部には赤くなり、とにかくかゆくてかゆくて…。夜も痒みで何度も起きてしまうほどでした。

 

さすがに産婦人科だけでは手に負えず、皮膚科を受診したところ、「妊娠性掻痒症」と診断されました。

妊婦の1〜3%しかかからない疾患です。ステロイド軟膏や抗アレルギー薬を処方されましたが、全く効かず…。対症療法として、患部の冷却を行いました。それでもかゆみが治るのは一時的なもので、先生にも治るには出産するしかないと言われました。

そして、無事に出産。出産後は驚くことに、痒みはピタッと治りました。

 

関連記事:妊娠性掻痒症?!

 

しかし、約10ヶ月もの間、搔きむしっていたため、身体には傷や色素沈着の跡が残ってしまい、産後半年の今でも消えません。

本当に辛かったですが、子どもが健康に生まれてきてくれたので、頑張ってよかったと感じています。

著者:ぴっぴママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。