ゼクシィBaby みんなの体験記


なんでも吐いてしまう辛いつわり期。職場の先輩の言葉を励みに乗り切りった

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

はじめての妊娠で、妊娠1ヶ月頃〜3ヶ月くらいまでつわりに悩まされました。

何を食べても何を飲んでも数時間後には必ずトイレに駆け込み吐いてしまい、体重もみるみるうちに減り、とっても辛かったのを覚えています。

 

また、珍しい症状のよだれづわり、痰づわりにもなり、吐きすぎて逆流性食道炎にもなり薬を処方されました。

よだれづわりは何も考えなくてもひたすら唾液が口腔内に沢山溜まってくるので、溜まる度に空のペットボトルに出して対応しました。寝室にも布団の隣にペットボトルをおいて夜もそこに吐き出していました。

日常ではスーパーに買い物に行っても冷凍焼けのような匂いが気になったり、シャワーの湯気でも気持ち悪くなったり、料理、洗濯、掃除、何もできずほぼソファーに横になっていました。吐き続けて動悸もして、病院で点滴も何回かしました。

冬の時期のつわりで、食べれたものはトマト、グレープフルーツでした。夏のつわりだったらトマト、かき氷やスイカが食べれたのかなぁと思います。

 

関連記事:つわり中のNG臭No.1は男性のにおい。上司の小話中に我慢の限界を超え、まさかの大失態 by 白目向き子

 

私は看護師の仕事をしており、夜勤もあり不規則な生活なため余計しんどかったのですが、職場の先輩方にこう言われました。

「無理せずまわりに相談して休むこと。今無理に食べなくても赤ちゃんはきちんと育つから大丈夫。もう少ししたら楽になるよ」

いろいろ不安だった私でしたが、その言葉を励みに1日1日乗り切りました。

妊娠初期はお腹も妊婦さんらしく出てないし、胎動もない時期だし、本当に妊娠してるのかな、とか不安に思うこともありましたが、月に1度の検診で、エコー上少しずつ大きくなっている赤ちゃんの姿をみてとっても嬉しかったし、頑張って乗り切ろう!とか励みになり、母親になるんだなぁという実感も少しずつ湧いてきました。

また、妊娠週数が進む度に、今の赤ちゃんはどれくらいの大きさなのかなぁ、とか臓器はどのくらい発達しているとかなぁ、というのをスマホで妊娠週数の検索をしたり、妊娠のアプリをみたりと、目に見えない成長を感じてひそかに喜んでいました。

辛い時期ですが、些細な幸せをしっかり感じて乗り切っていただきたいです。

 

関連記事:水しか飲めなかったつわり妊婦の命綱!…に見えた味のり。貪り食った翌日の後悔 by はちや

 

著者:サン

28歳、外科看護師。初マタです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。