ゼクシィBaby みんなの体験記


NICUでの出来事

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

頚管無力症の為、29週1100gという小さな小さな身体で産まれてきた我が子。

出産しても我が子を抱く事も許されず保育器に入った我が子を遠くから眺めるだけ。辛かった苦しかった悲しかった。でも彼女は私なんかの苦しみよりももっともっと苦しかったに違いない。

沢山の管に繋がれ沢山注射を打たれ、呼吸すら自力ではできず。いたたまれなかった。小さく産んでしまった自分を責めて責めて前を向く事が出来なかった。

でも彼女は違った。前を向き必死で生きようと痛みに耐え日に日に成長していたのだ。あんなにも小さな小さな身体で生きようと頑張っていた。私も前を向かなきゃ!

同じ様な境遇のお母さん、自分の子供の生命力を信じてあげて下さい。この世に産まれてくるって決して当たり前な事ではありません。小さくてももの凄い生命力を持って産まれてきています。

今では彼女は他の子達と負けず劣らず何の障害もなく成長しています。それは奇跡なのかもしれません。でも私は、それは痛みに耐え必死に生きようと努力した彼女の頑張りであり彼女自身が勝ち得たものだと思っています。子供のパワーって凄いです!

著者:りんりん

小さく小さく産まれた我が子から毎日たくさんのパワーを貰い、子供と共に成長しているママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。