ゼクシィBaby みんなの体験記


帝王切開で双子を出産。生まれてすぐにNICUへ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠28週から切迫早産、管理入院ということで出産するまで一度も外出外泊することなく入院していました。30週の時に外泊許可が一旦出たのですが外泊当日の診察で子宮口が開き始めてたので中止になりました。

その時から35週5日目までウテメリンの点滴をし続けました。点滴の量を減らし始め点滴を外した36週0日目にお腹が強く張るようになり、その日の診察で子宮口もさらに開くようになったので、緊急帝王切開をすることになりました。

もともと入院し出産することになっていた病院では双子以上は帝王切開の予定だったのでそのままの流れで産むことになりました。2800g弱と2300g弱の男の子2人でした。

 

手術自体は麻酔をかける時間も含めそこまで長くなく、子どもがお腹から出るときも意識はあり見ることもできました。ただ、麻酔が効きすぎたのか手術中から目を開けるのもしんどいぐらいに眠気があり、術後病室に戻って双子をベッド上で授乳したり両親と話すときも目があげるのがしんどくて、何を話したかほとんど覚えていません。

眠すぎて授乳中に子どもと一緒に寝落ちしてました。授乳終わったか確認しに来た看護師に叩き起こされるレベル笑

 

手術が終わったその日の夜は絶飲絶食のため喉が乾く乾く。うがいだけはさせてもらいあとはマスクをして喉が乾くのを防ぎました。

そして麻酔が切れ始めて痛くなるお腹。傷口が痛いのか後陣痛のせいなのか分かりませんが。とりあえず痛くなったら即ナースコールを押し座薬の痛み止めを入れてもらいました。入れてから30分以上は効かないので、これは痛くなるぞと思い始めたら即呼ぶ。

 

夜中に医師がたずねてきて、双子がそれぞれ血糖が低くなったり、血中カリウムが高くなったりと全身管理が必要になったのでNICUに行くことになりましたと聞かされました。

 

関連記事:呼吸が安定するまではずっと保育器内でのお世話。NICU入院中の子どたちとの接し方 by ウラク

 

朝になってようやく飲水はオーケーになり生き返る。そしてすぐに離床を促されトイレに行く。お腹がすごく痛いので、電動リクライニングベッドを駆使してベッドから降り、手すりにつかまりながらゾンビのようにトイレに行きました。

その後車椅子を出してもらいNICUに双子を見に行きました。点滴やモニターをつけていましたが、24時間医師看護師に診てもらえるのでそこは安心していました。

結局双子は2週間以上NICUに入院していました。4日目ぐらいに弟の方が一瞬呼吸が止まったため入院期間が長くなりましたが、結局2週間ちょっとで2人とも退院できました。

自分が入院している間は自由に面会しに行っていましたが、私の方が先に退院したので、それ以降は毎日通って冷凍母乳を届けました。

 

先に退院でき、双子が来るまで時間があったので用意できてなかった赤ちゃん用品や、退院して食べたかったものを食べに行ったり自由な時間を過ごし、かつ母子同室ではないのでお腹の痛みを抱えながら子どもの世話を即やるということは回避できました。そこはとても助かりました。

 

関連記事:いよいよ双子育児スタート。双子の授乳は母子ともに眠気との戦い!? by pika

 

著者:茜

初産で双子DD型を36週目帝王切開で出産。2週間程NICUに入院。里帰り出産だったので実家の両親と夫に甘えて推しに会いに行きました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。