ゼクシィBaby みんなの体験記


休日のイライラが激減!?「超ざっくり予定表」はいいことづくめ by うだひろえ

f:id:akasuguedi:20181205093429p:plain

前回の記事で、ゲームをやる際のルールとして、予定表を書いてプレイ時間を決めている、と、予定表の画像も参考までに出させていただいたのですが。
それを見た担当さんから、「これもっと詳しく!」と言っていただきました。

前回エピソード:上手に付き合えばメリットもいっぱい!我が家の携帯ゲームルール by うだひろえ

 

これがその予定表。

f:id:akasuguedi:20181205093350j:plain

予定表と言えるのか?と不安になるくらいの、超ざっくり!です。

 

 

いや~、我が家はこれがないと、もうダメです。
先日もうっかり、「まあもういっか」と書かないでいたら、いつまでもグダグダ、ご飯の時間を過ぎても子どもは遊びたがって、私も疲れてイライラ、いや~な休日の終わりになってしまいました。

でもこれがあると、グダグダにならず、適度に楽しく、適度に休めて、しっかり休日をエンジョイできるようになったんです。

 

休日の朝。なぜか早起きする子どもたちにテレビを見せて、大人は朝食準備に洗濯機セット。
朝食を食べながら、ざっくりと、「今日はどうしようか」と話し始めます。
だいたい一番に食べ終わる私、食べ終わった食器を片付けて、紙とペンを出し、このざっくり予定表を書き始めます。

今、朝ごはん。7時。
8時から、洗濯物干し、掃除や片付けかな。
子どもたちには9時くらいから宿題やワークを片付けてもらって。
10時からお店も開くから買い物に。
必要なものリストアップ、食材も買って、お昼は買って来ちゃうか食べて来ちゃうか。

なんて具合に、子どもたちとも話しながら書いていきます。

ポイントは、午後。
もうね、私も夫も、お昼ご飯食べたら、眠くて眠くて。
この時間に無理すると、夕方~夜に余計ひどいことになることが経験上わかったので、この時間は思い切って「自由時間」として。

子どもたちは、ゲームやタブレットを満喫、大人は昼寝したりダラダラスマホいじったりマンガを読んだり。
おやつの時間で切り替えて、夕方は、みんなで遊べるもの。近所の公園に行ったり、疲れ度合いによっては家で遊ぶか。

これもざっくり、話しながら、その場になって変更も可能、ご飯の時間は厳守で。
そこからはお風呂、お布団、就寝。

もうこれ、奇跡?というくらい、単純で、スムーズなんです。

 

まず、これがあると、無理しないので、「休日に余計に疲れる」ということがなくなりました。
朝、体力のあるうちに予定を立てるので、夕方疲れて思考停止してるところに「夕飯どうしよう?」とか考えなくて済みます。

小一時間昼寝することでスッキリ、疲れてイライラもしませんし、休む時間を決めてあるので、夫が勝手に一人で寝てムカッ!とかもありません。

子どもたちもこれを見ることで、1日の見通しがつくようで、時間が来たら切り替えてゲームやタブレットを終了できています。
子どもと寝落ちすることも減ったので、子どもが寝てから大人だけでゆっくり、動画配信サービスで映画を観たり晩酌したり。

 

子ども自身が書きたがることもあり、

f:id:akasuguedi:20181205094240j:plain

自分たちで決めたからと、時間も守れるようになったと思います。
いいことづくめです。

これすらもやるのがめんどくさい時は、もう、疲れ過ぎてる時!と判断して、朝からダラダラしても良いとしたり。
イライラの元となる「疲れ」を溜めない生活をしていきたいと思います。

 >関連記事:大人の用事に付き添うのが大嫌いだった息子が、1枚のシートでノリノリのおでかけに! by ヒビユウ

 

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:40代
子どもの年齢:小1、年中

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。年長男児&年少女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「大学4年間の経営学がマンガでざっと学べる」(マンガ担当)(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。