ゼクシィBaby みんなの体験記


分娩台での世間話と目覚まし時計のアラームでリラックスモードに

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は予定日より5日早く陣痛がきました。その日はお腹に違和感があるなぁと思いながらも買い物に出掛けたり、お風呂に入ったりと普段通りの生活をしていたのですが、日付が変わる頃には10分間隔くらいで、ベットで時間を計りながら寝たり起きたりを繰り返してました。

前にいろんな体験談を読んでいた時に、初産は時間がかかるので病院に早く行っても帰されるという話もあり、家でトイレとベッドを行ったり来たりして痛みに耐えていました。ついに、深夜3時頃ベッドで横になっているとお股の間から風船が出てくるような感覚が!

やばいっ!とベットから飛び出ると破水‼︎病院に電話したら朝まで待ってと…。よっぽど痛かったらまた電話ちょうだいとのことでした。

関連記事:破水から襲い来る陣痛6日間!予想外に長引いた、私の出産全記録

破水したら病院に行かないといけないと思っていたのに朝まで待つの⁈とパニック。

でもここからが本当に痛かった、そこから4時まで我慢したけどもう3分間隔くらいでまた病院に電話をかけ限界を伝えると先生は病院にいないので、30分くらいかかるといわれました。

なんで居ないのと、主人に愚痴りながら車で病院に連れていってもらい、やっと診察、なんと子宮口8センチ、先生ビックリ‼︎もう着替えて分娩台へ。

しばらくNSTしながら痛みに耐えていると先生が主人に私達の馴れ初めを聞いてきました。まさか陣痛の合間に世間話が始まるとは思ってなくて笑ってしまい出産にむけてリラックスできました。

助産師さんも慌てて来てくれて、いきみ始めたらどこからか目覚まし時計のアラームが…、なんと助産師さんの携帯から!止めても止めても鳴る、またいきみの途中で笑ってしまいました。そしてお股に頭が挟まり、少し時間がかかりましたが破水から3時間で産まれた我が子は3320グラムの女の子でした。

初めての出産は先生と助産師さんのおかげ?で想像していたよりも笑える素敵な時間になりました。

関連記事:呼吸法を学んだら出産への恐怖心が薄らぎ、体力も温存できた! 

著者:しぃか

結婚2年目の、ズボラ主婦です。生後6ヵ月の娘と毎日バタバタ過ごしてます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。