ゼクシィBaby みんなの体験記


逆子がなおらず帝王切開へ。助産師さんの優しい言葉に励まされました

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠7ヶ月から「逆子だけどまだまだ回転するから気にしなくていいよ」と言われていました。

が、32週に入っても逆子のまま…

1週逆子体操をするよう指示を受けて、1日2回、お尻をつきあげる猫のようなポーズ(お腹が大きいのでかなりキツイです…)の逆子体操をするも、やはりなおらず(T_T)

もう1週体操を続けてもなおらずだったので、外回転術の説明を受けて施術を受けることに決めました。

もちろんリスクを考えると怖くて、赤ちゃんにもストレスかなと本当に悩みましたが、

「外回転術は逆上がりのできない子のサポートをしてあげるようなもの。その子に回ろうという気持ちがあればクルッとなるし、なにかの理由で回れない、回りたくないと思っている子ならば回転は難しいとなるだけだよ。」

と先生に言われれ妙に納得しました。

 

そして外回転術を受けた結果は…

回らずでした。

ちなみに外回転術は3回受けました。お腹にジェルをのせてお尻のある位置あたりに手をぐいっとかませて上におしあげる?ような施術法です。正直かなり痛かったです。

 

そして回らなかったため、帝王切開の説明を受け、38週にはいったときに予定帝王切開で出産することに決まりました。わかってはいたものの、やはり下から産みたいと思っていたので動揺はしました。

逆子になった理由は自分にあるのかな、こっちの都合で赤ちゃんを取り出す日を決めてしまって申し訳ないな、何よりお腹を切られるのが怖くて怖くて仕方ない、などなど情け無いほどに帝王切開への不安と恐怖心が一気に押し寄せました。

 

あいにく周りにも帝王切開出産を経験した人が少なくて、怖くてたまらなくなったとき、

「帝王切開は本当に怖いよね。でもお腹の赤ちゃんのためだけにお腹を切るって誰もができることじゃない。お母さんにしかできないこと。それができるって本当にかっこいいよ!大丈夫。絶対大丈夫だよ。」

助産師さんがかけてくれたこの言葉にどれほど救われたかわかりません。

そうだ、自分にしかできないこと。

お腹の子が元気に出てきてくれさえすればそれ以上に望むことはないんだ。

と改めて気づかされました。

 

関連記事:「帝王切開、やっぱ怖かったよ」「うん、僕も」え?手術受けたのは私なんですけども… byきたあかり

 

そこからはもう当日が待ちきれないほど楽しみになり、手術日を迎えました。

当日朝に産院につき、点滴、剃毛を済ませて手術台へのぼり腰椎麻酔。麻酔は怖かったけど全然痛みはなかったです。

麻酔を入れてすぐ下半身の感覚がなくなり手術開始。もちろん痛みはないですが、お腹や内臓を触られている感覚はあり気持ち悪い感じはあります。

でもそうこうしていると

赤ちゃんのお尻がみえてますー!もうすぐ会えるよー!」

と言われて涙が出て来ました。

 

ついに…ついに我が子にあえる!

その瞬間に

「はーい!産まれますー!

おめでとうございまーす!!!!」

 

涙があふれました。

もう感動とか嬉しいとか言葉では表せられない感情でした。

元気な産声をあげてくれてお顔をみたときの幸せな気持ちを一生忘れません。

 

綺麗に拭いてもらってお顔のすぐ隣に赤ちゃんがきたとき「産まれてきてくれてありがとう」とだけ伝えた記憶はあります。

その後廊下で待ってる主人と私の母のもとへ赤ちゃんは一旦連れていかれ、沐浴してもらいに。

そこから内臓やお腹を閉じる作業に入ったのですが私はここからが長く感じました…

吐き気を感じはじめましたが、前日に下剤を服用していて胃腸は空っぽだったため嗚咽に苦しんだだけでした。

手術が終わり手術台からストレッチャー、ストレッチャーからお部屋のベッドに運ばれて終了。麻酔のにぶい感覚とお腹を切ってるために発熱、頭痛も伴ってその日一日中は正直苦しかったです。

 

でも産院の赤ちゃん用ベッドに乗せられてお部屋にきた我が子をみたらそんな苦しさは関係なくなりました。

ただただ可愛い。

こんな子を授かって本当に幸せ。

そしてそんな思いを感じれる帝王切開は素晴らしい手術だ、とも思いました。

 

これから帝王切開になるかもしれない方の、少しでも力になれたらと思って、投稿させていただきました。

 

関連記事:陣痛と格闘し続けて3日徹夜。帝王切開になった後、次に戦う相手は…強烈な○○!? by うえだしろこ

 

著者:miiiho

6歳上の主人と付き合って

5年目に入籍。半年後挙式。

25歳主婦です(*^_^*)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。