ゼクシィBaby みんなの体験記


逆子がなおらず帝王切開を予定していたのに入院当日にひっくり返ってたー!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

健診の度に逆子で正常位と言われた事はなく、ずっと「まだ回る可能性あるから〜」と言われ続けました。

胎動も膀胱や肛門あたりをひたすら蹴られて痛く、時折膝の力が抜けるくらい痛い蹴りもありました。加えて張りやすく、逆子体操もろくにできず何もしないままついに予定帝王切開の予約を決める日まで来てしまいました。

 

生産期に入ってからは、お尻がすっぽりはまったまま動かず入院1週間前の健診でも、ベビーは同じスタイルをキープ。「めっちゃ動く割りに同じ位置。手術当日にひっくり返った例もあるけど、これで回ったら奇跡だねぇ〜」と先生と笑ってました。

 

どのみち両親も義両親も遠方で、頼れる親戚も近くにいなかったので、1人で陣痛を迎えて慌てるよりも、予定が立って丁度よかったと、気楽に構えていました。

時間もあったので、帝王切開の経験談を読み、ストローキャップや腹帯、割り箸など必要なものを揃えて準備万端にしました。

 

いざ入院当日、主人に付き添ってもらいスタスタと病院まで歩き、入院受付も済ませ担当の先生がお産に入ってしまった為先に採血やら血圧などをとりき、時間もあったので荷解きも済ませ、入院完了。

その後、先生の手が空き、先に内診しよう、と言われ内診台へ。

 

台に乗って1分もしないうちに「ん。帰りましょうか〜 笑」と。

「これ頭、ひっくり返ってますね 笑」と。

予想外の言葉に「え?」と間抜けな声を出してしまいました。

あとは笑うしか出来ず。

看護師さんたちからは「良かったですね」と言ってもらいましたが、同じ病室の方にも挨拶をした後でしたので、速攻で帰るのは気まずい思いでした。

 >関連記事:臨月で逆子が治った! 

逆子をなおすためにしていたことは特に何もなく、唯一横になっていると回りやすいと言われたのでなるべく横になっていた程度。

ひっくり返った感覚なんてありませんでした。

思い当たるのは、あの大阪の地震。

入院前日に震度5弱をマンションの5階で体験したくらいです。ベビーは驚いてひっくり返ったのかもしれません。

 

こうして自然分娩を待つことになりましたが、帝王切開の為張らないように安静に過ごしていたので頸管の長さもまだまだ、体力も落ちている…、やっと出せる!と思っていたのに、産気づくのはまだ先のようです。

関連記事:37w5d、帝王切開2日前に逆子がなおりました!

著者:ゆか

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。