ゼクシィBaby みんなの体験記


妊婦にはキツかった…片道約2時間の高速バス通勤

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

職場(平日9時~17時の事務職)に正社員として勤めています。先々週、自然分娩で健康な女の子を出産しました。

妊娠初期には、つわりで1週間入院、その後1ヶ月は自宅療養のため妊娠障害休暇(14日間有給)と有給休暇20日程度を取得。妊娠4か月目から8ヶ月目までは、出勤していました。

 

私は高速バスでの長距離通勤者です。行きは朝5時起床、6時台の高速バスに乗り、8時半に職場に到着。帰りは、夕方5時半に職場を出発、18時頃の高速バスに乗り20時頃に帰宅していました。

 

関連記事:何度も途中下車した必死の通勤。妊娠中のめまいで気を失いかけました

 

バスには車内トイレがなく、トイレが近くなる妊娠中期はキツかったです。また、雪国なので道路が全面的に路面凍結。車内の揺れが妊婦にはキツかったです。

加えて、日によっては車内が混雑するので、補助席に座ったことも数回ありました。かたい座面かつシートベルトがない場合があり、妊婦にはキツかったです。

でも、両足裏をバスの床から浮かせておくと、車内の揺れが身体に響かなかったため、車内での揺れには耐えられました。加えて、トイレについては、トイレのことを考えないようにして車内で過ごしました。

しかしながら、高速道路の渋滞につかまることもあり、トイレにはバスの乗降直前に1回は行くようにしていました。

 

あとは、雪国で路面凍結が常であるため、安全を最優先し、高速バス乗り場までは、タクシーを自腹で利用して、なるべく歩かないようにしていました。雪国の寒さ対策にスキー場並の厚着やホッカイロも忘れませんでした。

妊婦時代も毎日高速バスで揺られながら通った思い出です。

 

関連記事:通勤中も電話中も結婚式の最中にも襲いかかってくる下痢の嵐。これってつわり…? by にくきゅうぷにお

 

著者:さかばさよ

高速バスでの長距離通勤者です。妊婦のときにも、毎日高速バスで揺られながら通いました。2018年6月に無事、出産。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。