ゼクシィBaby みんなの体験記


不妊治療中の私のブツブツや不満をドーンと受け止めてくれたものって?

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚して半年。

子ども欲しかったけど、まだハネムーンに行ってなかった私たち。できなくてもいいかなという感じで「ゆる妊活をしていました。

 

その後、結婚式から8か月後にハネムーンも終わり、妊活をスタート。

 

しかし、すぐにほしかったので、ブライダルチェックをすることにしました。私の方は問題なく、病院に通いながらタイミング法でがんばりました。

その間にもいろんな検査をしました。しかし、3ヶ月経っても子どもができなかったので、主人の検査も始めました。

初回は「精子の運動率が悪かったけど、たまたまかもしれないからまた検査しましょう」ということでした。

関連記事:ダイエットからの拒食症。無月経無排卵の不妊から妊娠までの記録

 

その後、引っ越しの関係で別の病院へ。そのタイミングで、タイミング法から人工授精へ切り替えました。するとそこで、「自然に妊娠するのは難しいだろうというぐらい、精子の運動率が悪く、量も少ないです」と言われました。

主人は、男性不妊を扱う泌尿器科に通う一方で、わたしは体外受精・顕微授精のできる病院を探しました。

最終的に、わたしの方は問題がなかったので、わたしの体に負担の少ない、完全自然周期の不妊治療の病院を見つけて、通うことにしました。

薬を極力使わず、1つの卵を大切に育てるという病院の方針で、1回の顕微授精でできる受精卵が少なく不安もありました(薬を使ってたくさん排卵させ、たくさんの受精卵を作るという病院もあります)午前中に採卵して、午後から仕事。午前中に仕事をして、午後から移植、ということもできました。

お金もかかるので、仕事をしながら続けられたのもよかったです。

最終的には6回目の顕微授精で妊娠に至りました。

関連記事:男性不妊で悩む私たちの救世主「顕微授精」!だけど、授かった根本的な理由は…

顕微授精をすると、4回目くらいでだいたい妊娠できるかの予想がつくという話もネットで見たので、とても不安でしたが、妊娠してほっとしました。

また、当時まだ30歳で、周りに不妊治療をしている人がおらず、友達には話せないし、親に話してもわからない感じでした。病院に行っても、置いてある雑誌が年上の女性用だったり、不妊治療って年齢が関係ないんだなと思いました。

不妊治療をしていて、心掛けたことは、主人になんでも話して、いろいろ聞いてもらうこと。

年齢的に、周りには妊娠した!子どもが産まれた!と報告してくれる人が多く、つらくて泣いていましたが、そういう不満をいつも聞いてもらいました。

また、妊娠出産報告を聞くと、正直悲しくなってしまうので、あえて女友達とは一時的に疎遠に。主人とデートに行ったりするほうが、リフレッシュになりましたし、数か月女友達と遊ばなくても、別に友情は壊れないからです。

あとは、不妊治療についてネットで調べすぎないようにしました。不安になるだけなので、病院の先生を信頼して、先生の方針を頼るようにしています。

心労を与えるネットと女友達と距離を置き、主人と相談のうえ、病院の先生に絞って治療を続けたことが、精神的にも楽になり、妊娠に至ったのだと思います。

著者:ともみ

わたしは30代前半で、旦那さんは40代前半です。結婚してからすぐに子どもが欲しかったけど、なかなか妊娠せず、いろいろな検査の結果、男性不妊とわかりました。最終的には、完全自然周期で顕微授精を6回して妊娠に至りました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。