ゼクシィBaby みんなの体験記


子どもへの最初の贈り物である名づけで、後悔しないようにするためには?

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

せっかく自分のところに生まれてきてくれるからには、世界一幸せになって欲しいと願うのが親心ですよね。私たち夫婦もそんな想いで3人の娘の名前をつけてきました。

 

名づけに正解は無いとは思うのですが、毎回、夫婦で真剣に考えて決めてきた結果、自分たちなりに最高の名づけができたと感じていて、なぜ、そう思えているのかを振り返って書きたいと思います。

 

結論から言うと、『自分たちが大事にする観点を決める』のが最も大事です。

 

うちの場合、最初から明確にこの軸と決めていた訳ではないのですが、1人目の時に色々と議論しながら考えた結果、最終的には、この3つを意識して、候補から絞り込んでいきました。

 

1.音の響き

2.使う漢字の意味

3.画数による吉凶

 

やっぱり、一番大事にしたいのは、音の響き。これから何度も何度も呼ぶことになるし、呼ばれることになる、自分で自己紹介していくことも数多くあるはずなので、呼びやすい、言いやすい名前にしたいなと。

そしてそのうえで、使う漢字。こちらも、これから自分自身で何度も何度もノートやテストで書くことになるし、大きくなってからも色んな人の目に触れ、その人自身を表すものになってくるので、最高の意味を持たせてあげたい。

 

最後に、画数。子どもが大きくなって、自分で調べることがあった時に、「全然あかん画数やん!」とならないようにしたいなと。ただこれに関しては、色々なサイトや考え方があり、一概に良い悪いを判断することはできないと思うのですが、一つ決めたサイトで良いので、「全部が大凶」みたいな最悪な画数でなければOK、というような基準で考えていました。

関連記事:画数、漢字、イメージ、呼びやすさ…女の子の名づけは何を決め手にする? 

 

そのような考え方で名づけた、具体的な名前がこちら。

 

1人目 彩希(さき)

2人目 奈緒(なお)

3人目 朱里(あかり)

 

彩希は、いろどり豊かで、希望に溢れる人生を送って欲しいという願いを込めて。

奈緒は、大きく示すと書くように、自分の意思が主張でき、緒につくと言うように、物事を始める人間になっていって欲しいという願いを込めて。

朱里は、まずは響きで、あかるく元気なイメージに、そして、朱色のように周りと協調しつつも独自の色を出しながら、一里、二里と、一歩ずつ着実に前に進む人生を歩んでいって欲しいという願いを込めて。

>関連記事:子どもへ初めてのプレゼントである名付け。意味や画数等こだわりはたくさん

 

名づけの考え方には、本当に正解がなく、いかに自分たちが納得する名前とその理由を考えられるか、ということになるのだと思いますが、まずは大事にする価値観を決めて、それに最も合致する名前がどれなのかを絞り込む、という選び方をお勧めしたいと思います。

皆さまの名づけも、最高のものとなりますように。

 

この記事が少しでも参考になれば幸甚です。

著者:high

大阪生まれ、茨城在住。

3人の娘を育てながらの共働きで、日々、奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。