ゼクシィBaby みんなの体験記


いつか楽になる日がくるー。遠い遠い未来だと感じていた「いつか」だったけど… by はちや

息子が産まれて、まだ間もないころ。
授乳もオムツ替えも頻回で、細切れにしか眠ることができない産後3ヶ月の頃でした。

私は当時の生活に慣れる事もできず、息抜きもままならない日々に疲れていました。

 >前回エピソード:水しか飲めなかったつわり妊婦の命綱!…に見えた味のり。貪り食った翌日の後悔 by はちや

f:id:akasuguedi:20181104124344j:plain

f:id:akasuguedi:20181104124354j:plain

そんな気持ちを先輩ママである友人に打ち明けたところ…

f:id:akasuguedi:20181104124411j:plain

f:id:akasuguedi:20181104124423j:plain

そん時の私には、その「いつか」は遠い未来か、もしくは違う世界の出来事のように感じました。

 

 

ところが。
先日、チェーンのコーヒーショップで、カフェオレを飲んでいる自分にふと気づいたのです。

f:id:akasuguedi:20181104124441j:plain

f:id:akasuguedi:20181104124451j:plain

f:id:akasuguedi:20181104124501j:plain

f:id:akasuguedi:20181104124515j:plain

私のカバンは、もうマザーズバッグではありません。
赤ちゃんのためにたくさん詰め込んでいた色々なものは、もう必要なくなっているから。

息子と出かける時は、綿密に計画を立て下調べをして、入念に準備をしていたはずなのに。今は、最低限の物だけカバンにつめて、思い立った時にふらりと出かけることができるのです。

それが、こんなに気持ちを楽にしてくれることに気づきました。

 

そして、子どもはいつまでも子どものままではない、ということも改めて感じました。

3歳をすぎた息子には、今の大変さがあるのですが、「いつか」きっと、今日のことも懐かしく笑って思い出す日がくるのだろうと思う。

 >関連記事:先が見えなくて、しんどかったあの頃の自分へ。育児のひと山を越えた今の私が伝えたいこと by うだひろえ 

f:id:akasuguedi:20171102053104j:plain

著者:はちや
年齢:アラフォー
子どもの年齢:2歳

2歳の息子、ヒゲの夫と愛猫いっぴきにて試される大地で田舎暮らし。
インスタグラムで家族の絵日記を描いています。

インスタグラム:@hatiyamaru

 ※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。