ゼクシィBaby みんなの体験記


10年選手間違いなし!我が家でいまだに大活躍中の育児グッズ3選とチョイスポイント by うだひろえ 

f:id:akasuguedi:20181022112020p:plain

育児生活も8年目に突入し、子どもが赤ちゃん時代のことなどすっかり忘れつつあります。
しかし、ふと、いつも使っているグッズを手にとった際、「あれ、これって、赤ちゃん時代から使ってるよね?」ってものがあることに気づきました。

そう、もう8年、おそらくまだまだ現役で使い続けるだろう、我が家の10年選手グッズたち

今日は、そちら3つのご紹介をさせていただきます。

 >前回エピソード:つい口から出ちゃう「ダメー!」の代わりに用意した最低限の言葉 by うだひろえ

 

【その1:ウエットシートのフタ】

子育てグッズの定番ですよね。
うちも、おしりふきに、専用ケースはかさばるから特に外出用として、大活躍でした。
そして、当然のように今も現役です。
自宅ではトイレにある「流せるおしりふき」に、お出かけでは大量に使うウエットティッシュに。

 

そして、今だから言える、チョイスポイント!
赤ちゃん向けの絵柄や色のものよりも、シンプルなものの方が長年使いやすい。
うちは、キャラクターの絵がついたモノは自宅で、シンプルなやつはお出かけ用に使っています。

また、
・今も現役なのは、1つ300円~400円のもの。100円以下のものも買ったのですが、接着が弱くなったりフタが取れたり。
 意外と使うものなので、しっかりしたものを買った方がコスパが良さそうです。

 

 

 

【その2:ベビー布団セット、特にガーゼケット】

子どもが生まれる前は、正直、そんなに使わないだろうから、安いのでいいんじゃないかな、と思っていました。
結局はうちの母がいいものを買ってくれたのですが、それが、意外や意外、今も現役です。

コンパクトに畳んでおけますし、子どもがお昼寝の時や体調不良で寝ている時に、リビングにサッと敷けます。

特にガーゼケットは、夏場の薄掛けに肌触りも良くて最適。軽いのでピクニックなどお出かけにも持参して、ゴロンとする時に敷いたりかけたりはもちろん、丸めて枕にしたり、急に寒くなったら肩に掛けたり。
子ども用サイズは洗濯もしやすいので助かります。

 

チョイスポイントは、やはり
・キャラクターモノや絵柄入りよりもシンプルな模様や無地のものが長年使いやすい。
・コスパを考えると、ガーゼケットで3,000円~のものが長持ち。
1,000円以下のタオルケットはほつれたり毛羽立ったりしやすかったです。
・あまり大きいものだと収納もお手入れも大変。
リビングでのお昼寝用なら足がはみ出ちゃってもいいかなと思うので、コンパクトになるものの方が嬉しいです。

 

【その3:シンプル&丈夫なマザーズバッグ】

これは本当に、奮発して買ってよかったグッズNo.1です。

出産前に、ぼんやりとしたイメージでセール品のマザーズバッグを買ったのですが、それは、実際のところ、あまり使えなくて。
中に仕切りがたくさんあるのですが、とっさの時に出しにくかったり、意外とモノが入らなかったり、デザインが女性向けで夫が持つと「持たされてる感」がすごかったり。

 

なんだかな、と思っている時に見つけたのが、シンプルで丈夫そうな、ポ●ターのマザーズバッグでした。

同じ型のものは販売終了してしまっていて、はっきりとした値段を確認できないのですが、2万円以上しました。

赤ちゃん時代しか使わないマザーズバッグに、にまんえん、と思うとクラクラしますが、当時の私は自分へのご褒美にと、勢いでポチり。
それが、今もバリバリ現役で、まだまだ当分使うだろうレベルだなんて。

カバンの外側にポケットが3種類あるので、とっさに出しやすいのが1番のポイント。
中にもポケットがあり、そこに小物を入れても、しっかり大物も入れられる大容量。
公園遊びの際の水筒×2つ、小腹空いた時のお菓子、タオル、ウエットティッシュ、ガーゼケット、虫除け日焼け止めなんかに、財布&スマホの入ったポーチまで、たっぷりしっかり入れられます。

 

何より、パパが持っても「持たされてる感」が、ない!
パパ1人で子どもたちを連れ出してくれる時も、これを持って行ってくれればいいので楽です。

肩掛け、斜め掛け、手持ちの3way。私は仕事の時に手持ちにして使ったりもしています。
最初にセールで買ってすぐに使わなくなった初代マザーズバッグは4,000円ほどだったので、コスパを考えたら、10年選手のこちらはかなりお得かなと思います。

 

以上、3つ!

これからグッズを買う皆様の参考になったら幸いです!

  >関連記事:使いやすさ抜群♪ 私の選ぶ、マザーズバッグ「パーフェクトリュック&トートバッグ」はこちら! by モチコ

 

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:小1、年中

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。年長男児&年少女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ!とにかく書き出し解決術!」(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。