ゼクシィBaby みんなの体験記


耐えがたい陣痛に気を失いかけていた私…急遽無痛分娩へ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私が体験した、悔しい思いをしたけど、結果よかったな!と思えるエピソードを話したいと思います!!

 

初めての妊娠、右も左もわからず、産院選びから、始まりました。

友人の口コミ(個室でゆったり、綺麗な施設で、食事が美味しい)をもとに無痛分娩で有名な産婦人科に決めました。

無痛分娩で有名な病院だけど、自然分娩もやってる産院でした。

第一子だし、自然分娩で頑張る!ともともと決めていたので、無痛の計画はせず、自然分娩の予定で準備を進めていきました。

 

妊娠後、大きなトラブルなく、経過も順調で、出産にむけ散歩にいったりと体力作りに励んでいました。

 

39週2日目の朝、ぱんっと風船が破裂するような音がし、もしや?と思ったら案の定、破水でした。

そのまま入院セットをもち病院へいき、入院。その時、子宮口1cm程度開いてました。

 

破水してから24時間経っても微弱陣痛のため促進剤を投与開始。3〜4時間後には5分間隔になっていたと思います。

噂には聞いていましたが、促進剤を使用した陣痛は凄まじい(使わなくても痛いと思いますが、、、)痛みでした。

痛すぎて嘔吐してしまうほど。。。

付き添ってくれていた、主人も懸命に看病してくれましたが、、、痛すぎてもーあたってばかりいました。。。

お昼過ぎには子宮口も5〜6cmになり、なんとか順調かも!と思い痛みに耐えてました。

 

促進剤を朝6時から開始し、夕方3時になり、子宮口どれくらい!?もうだいぶ開いてるでしょ!?なんて思って助産師さんに尋ねましたが、子宮口は7〜8cmと。

もう出してしまいたいという思いと、まだ我慢という気持ちを抱え耐えました。

陣痛は2〜3分おきになったり5分おきになったり、陣痛が来ていない間は主人曰く気を失っていたようです。

あとちょっとって助産師さんも言ってるし!陣痛間隔もみじかくなってるし!あと少しだ!私頑張れ!と自分にエールを送り陣痛の痛みに耐えてました。

 

夕方5時すぎに、助産師さんに『いま何センチ!?』と泣きながら聴くと7〜8cmと。

えっ!?全然変わってないじゃん。と内心思いましたが声には出さずでした。

『あとちょっとよ!』と助産師さんにまた言われ『あとちょっとがちょっとが

長すぎだよー。。。辛いよ、もう変わってよー』と主人に何度も言ったのを覚えています。

夕方6時すぎ子宮口はまだ8cm。。。

陣痛がない時間は気を失い、陣痛が来てる間は痛みで泣き叫び、吐き、、、

私の中で体力は限界でした。

私のそんな姿を見て主人も涙を流し、、、

もー我慢できなくなった私は、無痛にするー!と泣きながら訴えました。

主人も苦しんでいる私を見るのも限界だったようで、、、

痛みながらも費用のことを気にしましたが主人からOKのサイン。

 

関連記事:辛い陣痛に待ちわびていた天国がやってきた! 硬膜外麻酔で、余裕の無痛分娩スタート by ぺぷり

 

そこから、急遽無痛分娩へ。

陣痛がきていない間に分娩台にあがり、陣痛がおさまっている間に先生が腰椎麻酔を入れてくれました。

私はもともと看護師をしているので腰椎麻酔の難しさは知っています。

お腹の大きく、背中を丸めにくい妊婦にさっと麻酔を入れる先生。。。神業でした。

麻酔をいれてから2回ほど陣痛の痛みを感じましたがそのあとはほぼ感じず、、、一気に楽になりました!!

体力が限界を迎えていたのか少し眠ってしまい、麻酔をいれて1時間程経ってから助産師さんにそろそろかなぁと声がかかり子宮口全開に!!

もう力んでいいからねー!の声!

待ってましたー!って感じでしたが、無痛にしてしまうと、今度はお腹の張りがわかりにくく、、、

お腹の張りがわかるモニターの数値を頼りに力ました!!

そこからは早くヌルッと我が子は産まれました!!

 

夫婦ともに感動しました。あの日のことは一生忘れることはないくらい感動しました。

が、私の中では自力で産めなかったことが悔しくて悔しくてあと2cmだったのに、、、と出産後、数日は落ち込みました。

 

たまたま授乳室で一緒になったママさんと話した際、私と同じパターンだったことを聞きお互い、励まし合い気が楽になりました。

 

退院前の指導でも助産師さんにはなし、さらに気持ちも少し落ち着きました。

 

急遽無痛分娩になって悔しい思いはしたけど、両方を体験できた!とプラス思考にも考えました。

また、お産というのは、人それぞれ。

どんな産み方だろうと我が子への愛はみんな変わらず、無痛だからとか自然だから、帝王切開だからとか関係なく、我が子が元気に産声を上げて生まれてくるのが一番!

みんな長い間お腹の赤ちゃんと一緒にすごして、会える日を楽しみにしています。

ママにしてくれてありがとうって気持ちをみんなもってるよなぁと感じました。

お産方法について、色々な意見がありますが、母子ともに健康であることが一番であり、我が子への愛に産み方とか関係ないなって感じ学ぶことができました。

 

最後に、、、

費用は予定してたより10〜20万ちかく跳ね上がりましたが、、、母子ともに健康だったのでまぁいいか!と思うことしました。

著者:かが

文を書くのは苦手ですが、私の体験が参考になれば、、、と思い投稿しました!

 

関連記事:痛みを伴わないと愛情が持てないなんて嘘!大満足に終わった無痛分娩 by まる美

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。