ゼクシィBaby みんなの体験記


出産まであと2カ月足らず!それなのに「妊娠糖尿病」と診断されてしまった

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

もともと、いつもお腹の中の子どもが平均より大きめでした。

お腹も大きくなり、あと2ヶ月ほどで出産の頃、妊娠糖尿病を調べるブドウ糖負荷検査がありました。結果、再検査という結果に。

再検査までの2週間、食生活を見直して挑むも努力むなしく、「妊娠糖尿病」と診断されてしまいました。

 

 

子どもは糖で大きくなるといわれ、妊娠糖尿が原因だったのかと唖然!また、あと2ヶ月で出産なのに、ここにきてなぜ!ととてもショックでした。

今までの尿検査や血液検査で引っ掛かったことはなかったし…。

甘いものを過剰に摂取したわけでもない。

体重管理も気を配ってきたので5キロしか増えていない。

それなのに「どうして私が?!」と、悲しい気持ちでいっぱいでした。

 

関連記事:まさか私が妊娠糖尿病に…!? 食事の管理とインスリン注射に苦労した妊娠生活

 

妊娠中はホルモンのバランスの乱れから妊娠糖尿病になったり、遺伝もあると聞きました。(祖母が糖尿病でした)

 

はじめは、何を食べればよいのかわからず、やみくもにおからばかり(笑)食べていましたが、栄養相談で「とにかくバランスよく、炭水化物はとらなすぎもダメ」といわれ、食事の回数を5回に増やし、一度に食べる量を減らしました。

 

内科の先生や栄養士さんとのお話、家族の協力もあり食事療法のみで出産までいくことができ、体重も7キロ増でおさえることができました。

最後は無事に出産することができましたし、出産後は血糖値も落ち着いたのでよかったです。

 

関連記事:他人事だと思ってた妊娠糖尿病。まさか…自分もなってしまいました!

 

今、第2子を妊娠中ですが、妊娠糖尿病は繰り返す可能性が高いといわれ、総合病院を検討しているところです。

 

気を付けなければならないことはたくさんあるし、病院の食事はみんなより少ないし、好きなように食べれないし、つらいこともありますが、なによりも安全なお産に向けて、普段の食生活から見直して頑張らなきゃならないなぁと思っています。

著者:さおり

2017年2月に女児を出産。今は2人目を妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。