ゼクシィBaby みんなの体験記


赤ちゃんを授かるまでに私が心がけたこと

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

主人が10歳程年上でしかも週末婚と言うこともあり、はやく子供ができるといいなぁと思っていました。

ハネムーンベイビーに憧れましたが、結局授かったのは半年後でした。

その半年、私は①ストレスの少ない生活②代謝up(ジョギング、ホットヨガ、マッサージ、体を温める食生活など)③婦人科へ相談などを行なっていました。

 

関連記事:「なぜ子どもが欲しいの?そもそも本当に欲しいの?」妊活を始める前に、考えておきたかった byきたあかり

 

①は、友達や子持ち先輩ママに、子供が欲しいこと、できないことをさらけ出し、アドバイスや体験談を聞きました。中にはなかなか着床しなかったり流産を経験した人も少なくなく、励まし合うことで共感や安心感を得ていました。

また主人にプレッシャーをかけさせないよう、あえて排卵日は伝えず主人のタイミングで行為ができるようにしていました。といってもやんわりと仕掛けていましたが…。週末婚なので可能な範囲で毎週末、朝晩行為することが理想でしたが、行為すること自体が義務にないように意識していました。

 

②では「赤ちゃんだって冷たくて硬いベットより、あったかくてふわふわなベットの方がいい」と思い、夏でも冷たいドリンクは常温にしたり、代謝を良くすることを意識し、運動や腸セラピーなどをしていました。仕事はストレスを最小限にするように切り替えて、はやく帰ることを心がけ、夕方は、2週に1度は腸セラピーなどのマッサージ、週2回はホットヨガに通うようにしていました。また早寝を心がけました。

 

基礎体温排卵チェッカーはもちろん行い、早い時期に婦人科に相談して、最初は子宮や排卵に異常がないかなど検査を行いました。タイミングをみて着床維持を促す服薬と、行為後腰を高くして休むことをアドバイスされ実行したところ、その月に授かることができました。

生理予定日に妊娠検査薬で陽性がでた時、婦人科でまだ小さな点でしかないエコー写真をもらった時、私も主人も喜びました。2週間後、心音を確認できたときは涙が出ました。その後、切迫流産つわりもありましたがすでに妊娠8ヶ月となり、今は無事に産まれてくることを祈るばかりです。

 

妊娠まで半年かかりましたが自分のしていたことがどれも無駄だと思わなかったです。産後落ちついたら、2人目も考えてまた体力作りから始めたいと思っています。

長くなってすみません。

 

関連記事:仕事と妊活の両立で心も体も落ち着かなかったあの頃。今のわたしにできることは… by こしいみほ

 

著者:れかんと

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。