ゼクシィBaby みんなの体験記


上の子がいるのに入院...

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

一人目の妊婦生活はとても順調でした。40週2日で出産、予定日までは悪阻もなく、他のトラブルもなく、穏やかな妊婦生活を送り、仕事もギリギリまでこなせました。

 

しかし、二人目を妊娠し、毎日上の子のお世話をしつつ、フルタイムの仕事もこなし、上の子の時には経験のなかった悪阻もあり…と妊娠初期からトラブルが多発。安定期に入り悪阻も落ち着いた頃旅行にも行きました。

 

30週頃に妊婦検診で内診をした際に子宮頚管が短くなっている事が発覚。その時は、初見だったのでウメテリンを処方してもらい、自宅では大人しくするように!との事で帰宅できました。

もちろん自宅に帰ればいつもの生活を送らざるを得ない…。上の子が抱っこと言えば抱っこするし、やんちゃ盛りの子だから走ったりもしました。薬も1日4錠の所、飲み忘れも多々ありました。

 

すると2週間後の検診で、内診をしたら更に子宮頚管が短くなっていると言うではありませんか。

今思えばそうですよね。自分はお腹の子の事。ちゃんと考えられていなかったのかな…。上の子ばかりの生活で自分自身妊娠しているという自覚がなかったのです。

 

先生に今すぐ入院と告げられ、旦那は単身赴任中、上の子はまだ2歳になったばかり、私自身仕事もある。頭が真っ白になりました。

 

私は近くに実家があったので実家に頼らざるを得ない状況となり、入院する事、上の子の生活を簡単に説明し、入院しました。

 

今もなお入院中ですが、子どもの適応性にはびっくりです。入院初日は泣いていたものの、次の日からなにか察したように、実家で生活をしています。

 

しかしイヤイヤ期真っ只中の上の子のお世話を両親だけにお願いしているので、親の疲れが見えてきていて切ないです。二人目の入院…上の子がいる中での入院。

 

あと約2週間、心配が絶えませんが上の子も両親も我慢してくれていて頑張っているので私もお腹の子としっかり向き合い入院生活を過ごしたいた思います。

著者:えりな

上の子2歳、イヤイヤ期真っ只中!下の子妊娠…悪阻、切迫早産、入院、トラブル真っ只中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。