ゼクシィBaby みんなの体験記


新生児黄疸でなかなか会えない日々が…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

新生児黄疸でビリルビンの値が高く、生後2日目から光線療法の治療が始まりました。

母児同室メインの病院で、他のお母さんはずっと赤ちゃんと一緒に過ごせるのに、赤ちゃんの治療が24時間のため、自分は授乳のちょっとの間しか会えず、寂しい思いをしました。

目を守るためにテープで保護するので、つかの間の触れ合いの時間もしっかり顔を見ることができず、パパにその写真を送ったら、こんな小さいのに可哀想と泣いてました。

でも、ベビーがこれで楽になれるならと、気持ちをしっかり持って治療に送り出していました。

面会に来てくれた家族や友達も、治療中は会えず、結局入院中の2日間と、退院日も数値が引っかかったので私だけ先に退院して、赤ちゃんは翌日に退院になってしまいました。

黄疸のせいで赤ちゃんも疲れやすく、授乳中疲れてすぐ寝ちゃうことも度々あり、退院後の1週間で体重が50gしか増えていなかったですが、その頃には数値が落ちついてきたので、徐々に飲める量も増えてきました。

おかげさまで1ヶ月後には平均的な体重になり、問題なく外出の許可も出ました。

著者:もん

2歳8ヶ月の男の子のママで現在二人目妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。