ゼクシィBaby みんなの体験記


子宮筋腫摘出からの体外受精

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

結婚年齢が37歳と遅かったにもかかわらず、自然に妊娠するだろうと簡単に考えていました。

2年が経ち、30代も終わりを迎える年、いよいよ焦りを感じ不妊治療に踏み出す事に。主人も協力的で、検査も積極的に受けてくれました。結果、主人の精子の運動率が低い事と私の子宮筋腫が問題かな?という事で、この年の秋に子宮筋腫の摘出手術をうけました。主人は泌尿器科に通い、運動率を上げる薬を飲み続けました。

 

手術を受けた総合病院では、年齢のこともあり、タイミング法→人口受精→体外受精…と段階を踏むよりすぐ体外をすすめられ、地元で体外受精顕微受精で実績のあるクリニックを紹介されました。

 

手術後3ヶ月の避妊期間を経て、手術から翌年の2月にクリニックを受診。自身の仕事などの都合もあり、6月に体外受精を受けましたが着床せず、9月に前回の採卵で凍結していた受精卵を入れたところ、妊娠に至る事ができました。

 

現在妊娠36週目、順調に育っているようで、我が子に出会える日を心待ちにしています。

早いうちに検査をして、少しでも若いうちに授かることが出来ればよかったと思った時もありましたが、このタイミングだったからお腹にこの子が居るんだと思うと、運命を感じます。

著者:匿名希望