ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠発覚と同時に、切迫早産も発覚!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠が発覚したのは12月中旬でした。

生理が遅れていましたが、度々不順になることがあったので気にはなりませんでした。

そんな時に少量の出血が3日ほど続き、産婦人科を受診することにしました。

子宮頸ガン検査で再検査の診断を貰ったまま放置していたからです。

今回の茶色い出血はガンの一種か、子宮系の病気かな?と不安がありました。

 

産婦人科の受付で妊娠検査もできるが、受診するかどうか尋ねられました。

そういえば生理が2週間遅れていると思い、ついでに検査を依頼しました。

結果、妊娠が発覚!!

驚きと同時にすごく嬉しくて思わず涙がこぼれたのを覚えています。

 

ではあの出血は? なんと、妊娠に気付かずに動きすぎた為の不正出血とのことでしった。

診断は「切迫早産」、そして当日から「自宅安静」の指示がありました。

病院の駐車場から会社に電話し、取り敢えず2週間の休暇を貰いました。

 

痛みもなく悪阻もなく、ひたすら無自覚なまま安静生活を送りました。幸い実家の母は定年退職をして専業主婦をしています。

母の協力の元、実家で上げ膳・据え膳の生活を送らせてもらいました。

病院は2~3日に一度のペースで状態確認と止血剤の注射を打ちに通いました。

楽観的にすぐ納まると思っていたのですが……。

 

年末年始を挟み、その後も安静の指示は出続けました。自分では出血を確認できなくとも、膣内を確認すると出血している状態が続いていたようです。

精神的にも悲しくなり、妊娠初期では胎動も感じないので胎児の生存も不安になりました。

相変わらず絶対安静の為、年末年始の会合も初詣もなく新しい1年が始まりました。

取り残された気分でひたすら寝る。TVを見る。本を読む。つまらない日々でした。

 

ようやく社会復帰できたのは妊娠発覚から1か月半後。

病院からOKを貰い、実家からマンションへ戻り2~3日様子を見ました。1か月半も寝たきりだったので、旦那が殆どの家事を担当してくれました。

そしてそれは産休に入るまで続きました。

 

マンションでの生活も問題なさそうだったので、職場へもすぐに復帰しました。

 

しかし1週間後に再度出血してしまった。仕事で少し無理をして重いものを持ってしまったのが原因のようです。無理をしたつもりは一切なかったので辛かったです。

前回に比べて軽度だったのとすぐに受診したのが幸いしてか、今回も自宅安静で期間は1週間で済みました。

 

その後、職場は再度起きたら困る!との対応で仕事をどんどん外されました。

有難くもあり、仕事は好きだったので少し寂しくも感じました。

けれど切迫流産は自覚症状が全くないことを身をもって知りました。私のワガママで周囲にこれ以上の迷惑を掛けられない。そして何よりも、切迫流産を乗り越えてくれた我が子がお腹の中にいます。

誰よりも私が守らなくてはいけない、大切な小さな命です。

 

もし切迫流産の診断を受けた方がこの文章を読んでくれたら、自覚がないことの怖さを想像して欲しいです。

少しでも異変を感じたら、すぐに受診して欲しいと思います。

私ですらもっと早く受診していたらもっと早く復帰できたのでは?と思っています。

 

私は自宅安静で済みましたが、中には入院しなくてはならない人だっています。病院と自宅では全く違うのではないでしょうか。

話し相手の有無、好きな時間に好きなことが出来るか否か、過ごす場所の雰囲気。

想像するだけで気分は滅入ってしまう気がします。

 

はっきり言って切迫流産の予防策なんて分かりません。けれど、何事も早めの対処はできると思います。

時間がないだとか、休めないだとか、思い過ごしじゃないかとか色々理由付けはできますが、でも「万が一」という言葉を思い出して欲しいです。

万が一を思って、気になることがあったら病院を訪ねてみてはいかがでしょう。

思い違いで何もなければ、それはそれで安心を確認しに行ったと思えばよいんです。

 

妊娠を望む人々が、我が子の誕生を待っている人々が、

素敵な妊婦生活を送り、大切な我が子と逢えることを祈っています。

著者:小梅ママ

32歳で初マタです。

8月に出産予定で27~31週まで逆子でした。

今は逆子へ戻らないようにドキドキしながら、産休中です。

夫婦2人で過ごす時間と、1人でのんびり過ごす時間を大切にしながら出産準備を始めています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。