ゼクシィBaby みんなの体験記


3人目にして、初の立会い出産 〜一気にいろんな体験をした夫〜

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

3人目は実に6年振りの出産でした。

長女、次女の時は里帰り出産をしています。病院の意向でギリギリまで性別もハッキリと教えてもらえず、しかも食べ悪阻だったので妊娠後期は先生に怒られっぱなし。旦那さんとは離れ離れの生活でした。

 

その経験を踏まえての待望の3人目を妊娠。

今回は初めての吐き悪阻で「あれ?もしかして男の子?」なんて淡い期待をしていました。

 

お姉ちゃん達が小学生と保育園児と言う事もあり、里帰りはせずに出産を決意。そしてなるべくみんなで検診に行くようにしていました。お陰で先生とも助産師さん達とも私以上に子供達は仲良くなっていました。

たまに私が一人で検診に行くと「珍しい、今日は一人なの?」と言われるくらいです。

 

ある日のエコーでしっかり男の子と確認できて、夫もガッツポーズで喜びました。そんなわけで和気藹々に妊婦生活も後半。

雪が多い地域に住んでいる事もあり、朝夕と雪かきをしていました。

そしてある日出血… ヤバイと全身から血の気が引きました。直ぐに病院へ連絡すると「お腹が張らないなら家で様子を見るように」との指示で自宅待機になりました。

 

次の検診日に、子宮頸管も短くなって来ているから本来ならば入院を勧めるが、上の子達の事もあるので薬と自宅安静‼︎と言われ、しばらく大人しくする事になりました。産休に入ってからはずっとゴロゴロしていました。

 

予定日が下の子の卒園式と入学式、上の子の誕生日と近かったため、お腹に向かって「〇〇日に出てきても良いよー」と早めの日付を呼びかけていたら、まさかのその前日、夜中に陣痛がきました。

まだまだ大丈夫と余裕に耐えていたら5分間隔! 病院まで車で40分かかるので慌てて病院に連絡&寝ようとしていた夫を起こしました。

幸いにも義母が早めに手伝いに来ていてくれたので、寝ている子供達をお願いして、夫の運転で病院へ向いました。

 

陣痛は夜中1時過ぎに始まり、病院到着2時前。子宮口も5センチと言われ、直ぐに産まれると思いきや途中で遠のく陣痛

病室を歩き回ったり、まだ見ぬ我が子に向かって「頑張れー‼︎」と話しかけてみたり。8センチのまま進まないので錠剤で促進剤を一錠処方されました。

しかし変化はなく、しばらくしてもう一錠飲んだ瞬間に陣痛再開しました。忘れた頃に急に来た痛みでもがき苦しみました。それに加えて、腰をさすってくれていた夫の手がお腹をさすり始め、痛くて触って欲しくなくて思わず「触らないで‼︎」と怒鳴ってしまいました。

 

朝には…との淡い期待はお昼に持ち越し。

いざ分娩室に向かって歩いている姿、途中で痛みを逃している姿を夫がバッチリビデオに撮っていました。

先に支度をして分娩台にあがり、必死に痛みを堪えている間に、いつの間にか夫の姿が見えました。

 

「頑張れ!」

と応援してくれる声が聞こえました。

どれくらいの時間が過ぎたのか、人工的に破水させたらあっという間。にゅるんと言う感覚と共に元気な鳴き声が聞こえました。安心した気持ちと、産まれて来てくれてありがとうと言う気持ちで涙があふれました。

肝心の夫はと言うと、ずっとビデオ撮影していて、産まれた我が子の処置されるのをしっかり収めていました。しかも以前無理と言われていた、へその緒を切る事もでき、私より先に抱っこもでき、感無量での立会いが実現しました。

 

立会い=手を握ってくれ汗を拭いてくれる、とイメージがあったけど、結果的に私は同じ場所で同じ時間を共有し、私が寝ていて見れなかった赤ちゃんの様子を記録してくれていた夫に感謝しています。

 

もちろんそのビデオには絶叫している私もしっかり収めてありますが。(一人でこっそり見ては、あの瞬間を思い出しています。)

 

1人目9時間。

2人目6時間。

3人目12時間。

 

やはりお産はそれぞれ違うと言う事を実感しました。

著者:さえお

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。