ゼクシィBaby みんなの体験記


3人目年子の出産はスルンっと産まれました!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠38週目、3人目の出産。

予定日の10日前に産まれました。

夜中寝ていたところ、2時過ぎくらいから軽めの陣痛がきました。第1子出産の時は約17時間、2人目は約7時間と陣痛開始から出産まで早くなってきていることから、3人目も早いかもしれないと思い早めに産院へ電話し状況を報告。

自宅でおむすびを食べた後、5時頃病院へ。旦那の実家に里帰りしていたため、義理の母の運転で産院へ行きました。

 

陣痛の痛みは全然耐えられる範囲で余裕があり、スタコラ歩けていました。とりあえず看護師にて内診してもらったところ、子宮口が6㎝開き、産道はかなり柔らかい状態でした。

私が平然としていたので、まだ産まれる気配がないだろうと思った看護師も、内診してからは「思ったより開いてるね!じゃあもう着替えてもらって陣痛室へ行こうか」とテキパキと段取りして頂きました。

 

移動後、陣痛室のベッドで横になっていたものの、陣痛の間隔が遠くなり、弱くなっていくように感じました。妊娠後期は身動きが取りづらいので、早く出産して身体を軽くしたいと思っていた私は、このまま陣痛が収まるんじゃないだろうかと心配になりました。そして、眠気に襲われウトウトしながらたまに痛みで目が覚めるような状態を繰り返していました。

 

10時過ぎに経過を見るため、医師に内診してもらいました。「子宮口は7〜8㎝に開いてきてるよ。進んでるから安心して下さいね。痛くないのに進んでるなんて、なんて幸せなお産なの」と言われお腹の子に感謝するとともに、ホッとしました。

11時過ぎ、まだ陣痛も過去2度出産した時に比べると全然余裕でしたが分娩台へ移動しました。

ただ、痛みの程度は段々強くなってきていて陣痛来る度に「痛い〜、痛い〜」と悶絶。

看護師や助産師さんが「うんうん、痛いよね〜」と言いながらさすってくれたり、おしりか腰?近くを押さえてくれました。

 

上の子の時もそうでしたが、分娩台の上で仰向けになると、陣痛が弱まります。今回も弱くなってきたので、一旦横向きになって休憩しようかと声をかけてもらい、横向きになって息をついていました。すると、突然いきみたくなりました。

それまではただ痛いだけで、いきみたいと思わなかったのですが、踏ん張りたい衝動がきました。

声にならない状態で、いきみだした私を見て「まだいきんだらダメだよ!」と言われましたが、「ダメ、出る出る!」ともうストップがきかない状態でした。

「とりあえず、仰向けになろう」「あ〜出来ない、もうダメ。出る」

「よし!もうじゃあ産もうか、このままだと危ないから上向いて」

「無理ー、出る出る出る!」

と看護師が私の足を持って無理やり仰向けの状態になった際に、スルンっと子どもが出てきました。

 

出て来た時はただ唖然として、「あれっ⁈もう産まれてしまった。出産の痛みから解放された!」と思っていました。

お昼になる前に産まれ、陣痛開始から約9時間半で産まれてきました。体重は2952グラム、身長48.7㎝。そして、2人目産んだ時から1年3ヶ月しか経っていなかったためか、3人目で私のオシモが頑丈になっているのか、会陰切開なしで、裂けることもなく、(縫う等の)医師の処置なしで済みました。

 

2人目の時に後陣痛が痛かったので覚悟していましたが、3人目はあまり後陣痛もなく産後も身体はラクでした。

著者:ゆっきー

三兄弟の母です。

4年間で3人の子どもを出産。パワフルな子ども達の育児に奮闘しながら、何だかんだ今を楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。