ゼクシィBaby みんなの体験記


毎日の晩ご飯作りがめんどくさい!! 最低限の「米だけ炊こう…」で見えてきた解決策 by うだひろえ

f:id:akasuguedi:20180730061556p:plain

今日も昨日もその前も、きっと明日も明後日も、晩御飯作るのめんどくさいです。

子供生まれる前は、ここまでめんどくさく感じなかったのって、やっぱり大人だけなら外食したり買ってきたりカップ麺で済ませたり、どうにでもなるからでしょうか。
子どもの分も用意する、いや、用意することを「考える」ところから始まるから、めんどくさいんでしょうね。

 >前回エピソード:「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい!」上の子へのNGワードに代わる素敵な言葉がけ by うだひろえ

 

休日に作り置きしてみたりもしたんです。
けど、人気のおかずは即日空っぽ、不評なものはずっと残ってずっと私が食べ続けて、結局子どもには別のものを用意したりで。
レシピ本を読んでも、兄の好き嫌い、妹の好き嫌い、親の好みもあり、これだ!というものになかなか出会えず。

また、切実な問題として、日に日に疲れが取れにくくなっていて、夕方には「もう私、動きたくない」レベルになっていることもしばしば。

かといって、毎日外食宅配持ち帰りというわけには、金銭的にも子どもの嗜好的にもいかず。
休日にまとめ買いした食料が冷蔵庫の中にはあるけど、ねえ「休日の私」、それ料理するの、「平日の私」だってわかって買ってる?
挽肉なんて買っちゃって、すぐ使うからと冷凍もせず、賞味期限短いのに、この、疲れ切った平日の私が、使わなきゃいけないじゃない……!

ああ、もうめんどくさい。
メニューは、冷蔵庫の中は、下準備は。考えなくちゃいけないことがいっぱいで、でも考えるのがめんどくさい。
あーーー。

じゃあ、もう、考えるのやめちゃえ。

と気づいた時、「最低限」が1つだけ、浮かびました。

「米だけ炊こう……」
炊きたての白米さえあれば、なんとかなる。
幸いうちの子達はご飯好き、納豆があれば3杯食べる。
しらすと海苔があれば栄養もなんとかなる、ふりかけやレトルトカレーなんてバランス栄養食だ。
最悪「きょうはうどんがいい」と言われても、冷凍しておけば明日以降の救世主となってくれる。

お迎えに行く、そのために立ち上がった勢いで、米を研いで炊飯器にポン。

米を買っておいてくれたいつかの私、ありがとう。
そう、晩ご飯の最低限がわかると、「買い物の最低限」もわかってきます。

米と、それに合う最低限の定番ストック。うちの場合、海苔、ふりかけ、レトルトカレーなど日持ちするものと、納豆としらすを週1スパンで。これに卵があれば盤石。

 

お迎えから帰る際、家に白飯があるという安心感。物足りなければ、コンビニでお惣菜買ってもいいわけです。

買わずとも、帰宅後に具沢山のお味噌汁なんてパパッと作れれば最高。
ポイントは、ちょっといい「だしパック」を使うこと。そこに、子どもたちの好きな定番具材(豆腐、海藻、乾燥ネギ)や冷凍カット野菜を入れれば、大人も子どもも大満足。
インスタント味噌汁を人数分用意するより断然ラクです。
うちの子の離乳食後期は、この味噌汁ぶっかけご飯でよかったですし。

 

ここでも、最低限の買い物、「だしパック」「定番具材」「使い勝手のいい野菜」(そのまま使えるもやしや、カットして冷凍しておける人参、大根、キャベツ、キノコ類など)がわかります。
休日に平日よりは少しだけちゃんと料理して、その時に多めに野菜を切って、余った分を冷凍しておくと、「休日の私、ありがとう…!」と平日の私に感謝されます。

それにプラスして、レトルト・冷凍のおかずストックがあれば完璧。うちの場合は、あたためるだけでOKの甘酢だれ肉団子、チンするだけでOKの餃子/焼売/コロッケ/鶏唐なんかが定番。
それにプチトマトやレタスやキュウリを添えられれば、豪華な晩ご飯です。

 

ここまでの「我が家の最低限」がわかれば、スーパーでの買い物もスムーズで時間短縮、余計なものも買わないから家計にも優しいです。
何より「考えなくていい」のは本当にラク。

私自身に「余裕」がある時に、もう少し手の込んだものを作れば罪悪感もストレスも解消されるし、なにより「主導権」が「その日の私」にあるので、無理しなくて済むんですよね。

 

一番悲しいのは、疲れてるのに鞭打って作って、それなのに家族が食べてくれなくて、絶望的な気持ちになること。

だったら、「今日はママ疲れてるから、白飯パーティーで~す!」と、どんぶりご飯におとも各種をどんどんどんと並べれば。

ラクで楽しくて最高!と思うようになりました。

次回エピソード:子どもをホメるのって難しい!家族みんなの自己肯定感を爆上げする「ナイスホメ!」作戦 by うだひろえ

 >うだひろえさんの人気記事:母乳信仰、3歳児神話、手抜き禁止…。次世代に残したくない「育児の呪い」をお焚き上げ! by うだひろえ

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:小1、年中

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。年長男児&年少女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ!とにかく書き出し解決術!」(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。