ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠直後は体調の変化もなく「余裕~」のはずが、猛烈な吐き気と闘う日々に…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠発覚後、しばらくは何の体調変化も感じなかった私。

だから「つわりって全然平気なんだ〜!これなら余裕だわ」と思っていました。これなら仕事も普通にこなせるなとかんじてたのに、妊娠3ヶ月に入ろうとしたくらいから、常に車酔いもしくは二日酔いのような症状が現れました。

特に通勤時の電車はとってもとっても苦痛で、立っていても座っていても目まいがし、乗ったり降りたりを繰り返しながら、いつもの倍ぐらいの時間をかけて職場へ通っていました。

 

関連記事:終わりが来るのか不安だったつわり時期

 

つわり中は食べ物もそんなに食べられませんでしたが、お腹が空くと今までにたいけんしたことのないような猛烈な吐き気が襲われ、今、思い出すだけでもあの時の居ても立っても居られない感覚がよみがえってきます。

何も食べていないのに、なぜ!!といつも思っていました。

脂っこいものは食べれなかったので、トマトやキュウリ、麺類をよく食べていました。

夜中や朝目が覚めたときに気分が悪いときに対応できるように寝る前は枕元にみかんを2〜3個置いていました。

みかんは、手が汚れない、包丁を使わないため食べやすく、つわり中にピッタリの食べ物だと感じました。

 

「5ヶ月になれば落ち着くよ!」と、友人たちに言われていましたが、私は6ヶ月を過ぎるまでこの状態でした。

 

関連記事:食べ物は受け付けず自分の唾液すら気持ち悪い。入院一歩手前だった壮絶なつわり

 

病院の先生には、「産まれるときまでつわりがある人もいるから上手につわりと付き合ってね!」とアドバイスをいただきました。

幸い私は出産までつわりは続きませんでしたが、最後まであの猛烈な吐き気とどう付き合っていいのかわからずじまいに…。ひたすら「赤ちゃんのため!」と、自分に言い聞かせて踏ん張りました。

著者:さっこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。