ゼクシィBaby みんなの体験記


私が体験した無痛分娩。結果として「やってよかった!」

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初めての出産で不安があり、通院していた婦人科で無痛分娩があると知り、希望しました。それを知っていて遠方から来ているという妊婦さんもいました。

出産予定日を1週間過ぎ、朝イチの健診で病の先生から「このままだと陣痛誘発剤、また子宮口を広げる必要もある」と言われた矢先、破水しました。

陣痛誘発剤を飲んだ後に、自身の陣痛もきているとの事で経過を見ることに。ただ、子宮口が殆ど開いておらず…。最悪の場合、2日後の出産になる可能性もあると言われました。

当日、夕方を過ぎた頃には定期的な陣痛があり、21時頃に麻酔医が帰宅するとの事で、「朝までこのまま耐えるか、無痛注射をするか?」と、選択を委ねられました。

陣痛が痛いうえに、長期戦になるとの予想だったので、無痛注射をすることを決めました。

 ここで、メリットとデメリットの説明がありました。

メリットは、無痛注射により子宮口が柔らかくなり出産までの時間が早まる可能性があると言うこと。

デメリットは、早めに無痛注射をすると数回麻酔薬を足してはくれますが、回数に限りがあり、結果として子宮口が開いていないまま麻酔切れで出産前の強い陣痛を無痛に出来ないと言うものでした。

無痛分娩」でもいろいろなやり方があるようですが、私の病院では麻酔が切れてから出産をするので、分娩中は陣痛など通常の痛みを伴います。

ただ、朝まで陣痛を耐える自信もなく、「子宮口が開くのなら…」と希望しました。

 

関連記事:無痛分娩は「無痛」ではない!その痛みとは?

 

結果、子宮口が予想より早く開き、麻酔が切れるのを待ち、破水した翌日の朝7時ごろからの分娩になり、出産に至りました。

「もし、無痛注射をしていなければ子宮口の開きがもっと遅かったかも?」と思うと、選択して良かったと思っています。

体力面でも回復は早いと言います。

また、分娩前にまず腰辺りに麻酔注射をしました。よく「痛いんでしょ?」と未体験の人から聞かれますが、陣痛よりマシなのか、特別痛い記憶は無かったです。

 

ただ、おしっこがしたくなったらトイレには行けず、看護師さんが管をセットしそのまま排尿します。特に恥ずかしいという感覚もありませんが、出ているのかの感覚もいまいち分からないような少し違和感のあるものにはなります。

あとは、出産まで寝れるなら寝ててねと言われ、分娩台の上で麻酔をした夜には陣痛を感じる事なく少し睡眠を取ることも出来ました。

看護師さんから後日聞いた話だと、最初、麻酔をかけた時は麻酔薬の量をみるために大量には注射しないらしく、私自身も陣痛の痛みをまだ感じていたので「これで本当に陣痛がMAXの時、痛みを感じることなくいられるのかな」と思いました。

ところが麻酔薬を足してくれた深夜12時位からはピタッと痛みもなく寝付きがいい人ならばぐっすり眠れると思いました。

 

関連記事:辛い陣痛に待ちわびていた天国がやってきた! 硬膜外麻酔で、余裕の無痛分娩スタート by ぺぷり

 

無痛を希望するなら、事前にメリットとデメリット、自分の産院での無痛分娩の方法をきちんと聞いたうえで、選択するといいと思います。

 

著者:りーあ

3年ぶりの第2子の出産予定です。一度目は無痛分娩をしました。メリット、デメリットはあると思いますが、陣痛が和らぐので個人的にはして良かったです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。