ゼクシィBaby みんなの体験記


何度も心が折れてしまう断乳

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

断乳作戦決行したのは生後11ヶ月の時です。離乳食をよく食べていたので、食後もお昼寝前もおっぱいは飲んでいませんでした。しかし、晩に寝るときだけおっぱいがないと寝られませんでした。夜中も1回は起きて授乳していたのですが、歯が生えており、噛まれて痛い思いをしていたのと、第二子がお腹にいたので決断に至りました。

 

なかなか手強く、抱っこをしてもおんぶをしても泣き続けるし、主人は手伝ってくれることもなく先に寝てしまうので、1人で泣く子どもを必死であやしていましたが、やっぱり心が折れておっぱいをあげてしまう……という繰り返しでした。

なので実家に帰り、祖父母にも抱っこを代わってもらうなど、支えてもらいながら断乳に挑みました。おんぶして気分転換に外に出てみたりしながら2日間おっぱいなしで寝かすことに成功しましたが、3日目の夜に大泣きでどうすることもできず心が折れてしまい授乳。その一度の授乳でまた1からやりなおしです。

また1日がんばり、2日がんばり、最後の3日目は子どもの誕生日。この日は実家ではなく自宅に戻っていました。必死でおんぶであやしていましたが大泣き。主人に八つ当たりしてしまい、おんぶを代わってもらうことに。そしたら私のおんぶ以上に大泣きしたので「もうやめて、私変わります!」と言うのにやけくそでおんぶする主人。もう本当にかわいそうになり、子どもを下ろしてもらうと、疲れ切って私の抱っこですっと眠りました。

するとあらびっくり。本当に三日間の断乳作戦が終わると次の日からはおっぱいを求めることなく、すっと眠るようになりました。

 

子どもにとってはかわいそうなことをしてしまったのではないかとも思ってしまいますが、断乳してからは夜中も起きることなく、朝までぐっすり寝るようになりとても楽になりました。

あまりにも大変すぎる断乳作戦で、忘れられない思い出になりました。

著者:あっこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。