ゼクシィBaby みんなの体験記


「ご主人に連絡して」微弱陣痛からまさかの急展開で緊急帝王切開に

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日当日の朝から、陣痛らしきものがありました。

でも、1人目のときと比べると、陣痛にしては我慢できる痛みでしたし、1時間くらいの間隔があったので、その日は健診日だったこともあり、取り敢えず病院に行きました。

陣痛も規則的に起きているけど、子宮口は2センチほどだし、もう少し陣痛の間隔短くなってから来てもらえたら、ということで一旦帰宅しました。

その日の夜、10分間隔くらいになったのですが、やはり我慢できる程度の痛みで、眠ることもできてしまい、朝になりました。

予定日翌日は実家で過ごし、陣痛を促すために母と歩いて買い物へ出掛けたりしていました。

夕方頃から8分間隔で少しだけ強くなったかなくらいの陣痛が来ました。

迎えに来てくれたパパと自宅に帰って身支度をし、陣痛の間隔が5分切った頃に病院へ連絡し向かいました。

子宮口は3センチ程で、陣痛の間隔も7分程だったのでそのまま一晩入院して様子を見ることになりました。

明け方さらに少し痛みが強くなってきたので、陣痛室に移動しました。

そこで陣痛が3分くらいになったときに分娩室に移動しました。

しかし、まだまだ陣痛自体が弱いので、促進剤を投与し今日中には産まれるだろうということでそのまま分娩室で様子を見ることになりました。

促進剤の点滴を打ちながら運ばれてきた朝ご飯を食べていると、陣痛の間隔がかなり短くなりました。

今のうちにとパパも朝ご飯を食べに一旦病院を出ました。

 

関連記事:兆候がないまま41週に突入。促進剤から緊急帝王切開まで

 

私も、さぁ、もっと痛い陣痛がくるのを待とう、と座り直した瞬間、助産師さんが入ってきました。

助産師さんはモニターのチェックをしていたのですが、看護師さんや他の助産師さん、先生まで入ってきて、いつのまにか私は酸素マスクを付けられて、手を握られて「大丈夫よ〜。深呼吸して〜。」と言われるので、いまれるがまま深呼吸していました。

「ご主人に連絡して」と先生が看護師さんの1人に指示し、私に赤ちゃんが少し苦しんでいる、陣痛を待っているともっと苦しくなってしまう、というようなことを説明してくれました。

その説明がなんとも歯切れの悪いものだったので、私には最初理解できなかったのですが、途中で帝王切開に切り替えたいということを言っていると理解し、「私、どっちでも大丈夫です。」と言いました。

その瞬間からものすごい速さで準備が進み、パパが帰ってくる頃には同意書のパパのサイン待ちになっていました。

手術室に入ってからは左腕は血圧測定、右腕は注射、点滴、下はめくられカテーテルを装着されて頭には帽子?を被せられを同時にされて目の回る思いでした。

腰にする麻酔があまりに怖くて、ぶるぶる震えてしまいました。

麻酔が効いてからは、横に立っていた看護師さんが実況してくれて赤ちゃんの誕生を迎えました。

1人目のときは泣かなかったのですが、今回は赤ちゃんの声が聞こえたときに泣いてしまいました。

縫合中に、看護師さんたちがたくさん赤ちゃんとの写真を撮ってくれました。

2850グラム、48.5センチの元気な女の子が生まれました。

その後は、その日は回復室というところで過ごしました。麻酔で全く動かなくて看護師さんたちが持ち上げた自分の足に驚愕したり、1人目のときからのトータルでも陣痛よりも痛いと思った傷口や後陣痛の痛みに襲われ、しかも麻酔で腰から下が動かないので、楽な体勢などもとることができず、ひたすら朦朧として過ごしました。

今は、歩くと辛いですが、だいぶ回復しています。

とてつもなくびっくりどっきりな出産となりました。

 

関連記事:微弱陣痛でなかなか進まないお産。ついに羊水の数値が悪くなってしまい…

 

著者:みき

2人の女の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。