ゼクシィBaby みんなの体験記


すぐそばで応援してくれる声に励まされた。家族で乗り越えた出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

一人目を出産した時は、自宅での破水から始まり、自然な陣痛が来なかったので促進剤を使って陣痛開始から1時間半で産まれました。

分娩室に入ってから3回ほどいきんだだけだったので本当に楽に産ませてもらいました。

 

初産でこれだけの安産だったので、二人目を妊娠中、産院の助産師さんからも

陣痛が始まったらなるべく早めに連絡して」

「自宅で産まれないか心配(笑)」

などと言われていました。

二人目以降の出産は楽だとも聞きますし、私もまた楽だろうと思っていました。

 

そしていざ、二人目出産。

数日前から頻繁に前駆陣痛があり、陣痛本番となかなか区別つかなかったのですが、痛みを立って我慢できなくなったために産院に連絡。

すぐに荷物を持って入院することに。

このときで陣痛の感覚は10分前後、子宮口は6センチでした。

そこから4時間近くかかり、ようやく陣痛の間隔は2分、子宮口もほぼ全開になったものの、破水しておらず肝心の赤ちゃんが全く降りてこない。

痛みもかなり強かったので、助産師さんの判断で分娩室に入って人工破膜させることに。

最初は立ち会う予定なかった主人と、当時3歳目前だった長男も分娩室へ。

 

関連記事:「ママが頑張れる理由」を伝えられてよかった! 2人の娘たちに見守られての出産

 

分娩台に上がってからは、陣痛の波に合わせて何度もいきんで赤ちゃんが降りてくるのをサポートし、助産師さんは私がいきむ度に破膜を試みて下さいました。

陣痛でお腹痛いし、いきみたくないのにいきむのも辛いし、破膜させるために手を入れられて股も痛いしで本当に辛かったです。

それでもなかなか赤ちゃんは降りてこず、途中投げやりになってしまい、陣痛が来てもいきむのを止めたことも…。

もう後戻りもできないのに、ひたすら「逃げたい」とばかり考えていました。

けれどそんなときに、主人と主人に抱っこされてた長男がすぐ側で「頑張れ!」と何度も応援してくれて、気を持ち直すことができました。

心が折れそうでしたが、二人の応援でなんとか気力を取り戻し、また無心にいきんで、いきんで、いきみまくって、ようやく次男が誕生してくれました!!

 

もし二人が立ち会ってくれてなかったら、弱音を吐いて泣いてたかもしれません…。

だけど二人のおかげで頑張ることができたし、私一人で産んたんじゃないなって思います!

長男はばぁば達に

「お母さんに、いっぱい頑張れ!って言った!」

と誇らしげに話していたそうです!

初めは長男に立ち会ってもらうことに不安がありましたが、家族みんなで挑んだ出産になったので、今では立ち会ってもらえて本当に良かったと思っています。

大きくなったら長男は覚えていないかもしれないけれど、家族にとってすごく良い経験ができたと思います!

 

関連記事:「ママ頑張れ!」4歳の息子も立ち会った出産。家族みんなで新しい命を迎えることができました

 

著者:こぺん

3歳と0歳の二人の男の子を育児中。

贅沢は言っちゃいけないと思いつつも、やはり女の子も欲しいな、と3人目を悩み中…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。