ゼクシィBaby みんなの体験記


無痛分娩をオススメします!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

39週と1日で出産しました。無痛分娩にしようと決めたのは28週の頃。病院の母親学級での説明を聞いて、夫婦で相談しました。

もともと私が不安が先行してしまう性格で、陣痛の痛みに耐える自信がなかったので、無痛分娩は妊娠したときから頭の片隅にありました。でも、実家の家族や昔からの友人たちなど周囲は「危ないよ! 死亡したり重大な後遺症が残ったりって、よくテレビでやってるじゃない。やめた方がいい。」と猛反対。

院長先生に相談したところ、お世話になっている病院では無痛分娩による死亡や重大な後遺症が残ったなどの事例がひとつもないことが決め手になりました。また、その病院では、3人に1人が無痛分娩を選んでいるとのことで、無痛分娩を頻繁に扱っていることも安心材料になりました。無痛による事故への恐怖は、無痛分娩を選ぶ際に踏みとどまらせているものだと思います。無痛分娩を考えている人は、その病院の無痛分娩の実績を確認して安心できてから申し込む方がいいと思います

 

麻酔は全身麻酔でした。前日に腰に管を入れて、子宮口が1.5cmしか開いてなかったので、バルーンを入れました。当日、麻酔をしてもらい、人工破膜して、陣痛促進剤を打ちました。今思うと、人工破膜の痛みが一番痛かったです。麻酔はしたけど、意識ははっきりしてるので、立ち会ってくれた夫と実母とたわいもない話をしながら出産を迎えました。

DVDも準備していったのですが、私は見ませんでした。無痛分娩にした他の方は結構見る人が多いらしいです。子宮口が全開大になってもなかなか赤ちゃんが出てこなくて、麻酔をしたせいか、うまく息めず、最後は吸引分娩になりました。いきむ感覚がよくわからないのは無痛分娩のデメリットかもしれません。

費用は自然分娩に10万円くらい上乗せになっただけです。それで、陣痛の痛さを想像して不安になることから逃れられるのだから、私からすると安かったと思います。

 

私は初産だったので、どれくらい普通分娩の痛みと違うのか比べられないですが、同じ日に同じく無痛分娩で2人目を産んだ方とお話ししたのですが、その方は1人目は自然分娩で産んで、2人目は無痛分娩で産んだのですが、「自然分娩陣痛の痛みを100とするなら、無痛分娩は1にもならない」と言っていました。

 

まだ、無痛分娩は広くは普及していませんが、興味のある方は是非やっている病院を調べて、その病院の無痛分娩の実績を聞いてみるといいと思います。信頼できる病院での無痛分娩は本当に快適です。

著者:かず

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。