ゼクシィBaby みんなの体験記


心音が弱くなり、急遽帝王切開に!出産は本当に予想外の事が起こる

40週と1日におしるしがきてそろそろかとワクワク、ドキドキでしたが、陣痛はその日はきませんでした。

私の病院では40週を過ぎると2日に1回の診察になるので出費が痛いところ。なので早く生まれてほしい、陣痛がきてほしいと願っていましたが、何事もなく次の日診察に行きました。

子宮口はまだ1センチほどでしたが、おしるしがきているということで夕方から入院し、バルーンをして翌朝に促進剤しようと先生に言われました。自然に陣痛を待ちたかったな~という気持ちもありましたが、予定日も過ぎてるので早く生みたいなと承諾し、一度帰宅して入院の準備と主人に病院に送ってほしいと連絡。私の実家にも連絡しました。

いよいよか。バルーンは痛いらしいがどうなんだろうか。やっと会える楽しみと未知の痛みに対する恐怖とで緊張しました。

16時頃には病院に着き、17時頃にバルーンを入れました。バルーンは私の想像以上に痛く、これが陣痛だと思いこみ助産師さんに聞くも「陣痛じゃないよ~」と言われショックでした。もっと痛いとは我慢できるのか…というより恐怖でした。怖い!

ですが、そのうち痛くなくなり(笑)主人にも帰ってもらい寝ました。

早朝の4時半頃にパシャと水風船が割れる感覚があり、ナースコールをし見てもらうと破水したと、子宮口も5センチになってると言われ、いよいよか?!と思ってました。

助産師さんがNSTをつけていると、何やら「んー、ここかな?」とあまり心音が聞き取れない様子。ナースステーションでもNSTの様子がわかるのか他の助産師さんが見にきました。するとなんだか慌ただしい様子で「~先生に連絡~ごにょごにょ」と聞こえてきました。大事になっているのは伝わりましたが、『大丈夫でしょ』とまだ呑気に陣痛まだかな~と思っていました。

すると分娩室に移動しましょうと陣痛もきていないのに運ばれ、「横向いて~。四つん這いになってみようか~」と心音を探します。これは一大事だと焦りました。そのうち先生が来て「心音が弱っているので今から帝王切開します。今すぐ出すと赤ちゃん無事だからね」私は何も考えられなくなり「はい」となんとか答えました。

携帯を取ってもらい、主人と姉にラインで『今から帝王切開になりました』と一言連絡しました。今思うと主人には電話しようよ!

主人には助産師さんから電話してもらい、すぐに来てくれました。

余談ですが、主人も姉もすぐに起きて病院に向かってくれました。このとき朝の5時です。普通は起きていないのに気づくなんてすごいなと驚きました(笑)

 関連記事:健診で順調と言われた日の夜におしるし、そしてまさかの緊急帝王切開に! 

すぐに手術の準備に取りかかり、服を脱がされ、血栓予防のタイツを履かされ~あれよあれよと、背中に注射をされ、ほんとにすぐ誕生しました。カンガルーケアはできませんでしたが、横に連れて来てもらい触ると暖かくて感動しました。赤ちゃんは無事で元気に生まれたので本当に安心しました。

心音が弱まった理由は、破水赤ちゃんが下がったと同時にへその緒を圧迫したからではないかと教えてくれました。

すぐに赤ちゃんは綺麗にしてもらいに奥に連れていかれ、私は縫合のため麻酔を強くされ意識が砂嵐のようになり、気がつくと縫合は終わり服も着せてもらいました。手術中に便が出たらしくパンツ交換しましたと。恥ずかしい報告をしてもらいました。

病室に移動のとき、旦那が赤ちゃんを抱いているのを発見し驚愕!初抱っこをとられた。。そんなこと言ってられませんが少しショックでした。そして病室に着きベットで赤ちゃんと主人と記念撮影ができました。

 

自然分娩すると思っていたのに、帝王切開になるとはショックでしたが、元気に生ませてくれた先生にはとても感謝しています。

1歳になる今では、甘えん坊の男の子です。

 関連記事:胎動を感じない…? 不安で受診すると「一刻を争います!」急展開で帝王切開に 

著者:むぎちょこ

1歳になる男の子がいます。姪っ子も甥っ子もよその子も可愛いと思っていましたが、やはり自分の子は別格でした。可愛いというより愛おしい。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。