ゼクシィBaby みんなの体験記


子育てのために元バンドマンの夫が封印したギター。家族の成長と共に取り戻したものは… by うだひろえ

f:id:akasuguedi:20180702112705p:plain

前回エピソード:子どもは3人以上産め?期待を込めて伝えたい「もう無理!」の理由と打開案

 

私たち夫婦は、結婚してから子どもが生まれるまでの9年間、「好きなこと」をたくさんしてきました。
二人でマンガを読んだり映画を観たりゲームをしたり、お酒を飲みながら感想を言い合ったり。
夫は元バンドマンで、私も音楽好きなことから、夫についていってライブハウスでダラダラ飲んだり。
仕事のストレスも、「好きなこと」をしていれば吹っ飛びました。

しかし、私が妊娠すると、つわりがひどく、それら全てできなくなりました

つわりが落ち着いて、お酒を飲む以外はできるようになったけど、出産後育児に追われてまたできなくなって。
夫もしばらくは、バンド形式ではなく弾き語りにするなど、時間を調整しながら音楽活動をしていたけど、まあ、いろいろ、夫婦仲も悪くなったり、限界があり。
第二子が生まれてからは、子育てのために、ギターを封印しました。

それから4年。
未熟な親ながらも、なんとかやってきて、子どもも成長しました。

あの頃ほどではないけど、子どもが寝た後、マンガを読んだりネット配信の映画を観たりスマホゲームをしたり、しゃべりながら宅飲みしたり。
二人でライブハウスに通うことはできないけど、昼間のフェスに子連れで行ったり、交代で飲みに出かけたり。できるようになりました。

関連記事:脱・いきあたりばったり!夫の転職、地元へ移住‥、ライフプランを考えて決断したこと byうだひろえ

 

そして、ついには、先日。
夫は、馴染みになったカフェバーでお誘いを受け、弾き語りすることになりました。

正直、この4年間、狭い我が家の狭い収納に押し込まれたギター数本を、「これどうすんの?」と思わなかったと言えば嘘になります。
まあ私も、「いつかまた読むから」と大量のマンガを所有している身なんですけど。
夫も、子どもが歌える曲を弾いて一緒に歌う、なんてことができればよかったんですけど、そういう器用なことはできないようでして。

当日、子どもたちも、一緒に観に行きました。
おもちゃも遊び場もないカフェバー、知らない曲の演奏。
途中で子どもを連れて退席することも覚悟してましたが、演奏が始まると、うちの小1年中兄妹、手拍子したり飛び跳ねたり、ノリノリで聴いていました。

久しぶりの夫の晴れ舞台を録画するつもりが、そんな我が子が可愛くてそっちにばかりカメラを向ける私……。

夫は、そりゃもう、楽しそうでした。
久しぶりで緊張していると言いながらも、ギターを掻き鳴らして大きな声を出す姿は、昔と変わらなくて。
私、どっかで、私が、夫から、音楽を奪ってしまったような気がしていて。
だけど、そんなことなくて、というかそんなこと他人にできるはずもなく、夫のそばにはずっとあって、手を伸ばせば届くところにあるんだけど、家族のために背を向けていたそれを、今、こうやって、取り戻せたんだなあ、と思ったら。
涙をこらえるのに必死です。

 

演奏が終わると、うちの子たち、スタンディングオベーション。
「パパがんばったね~!!」「じょーずだったよ~!!!」
照れ臭そうに「ありがとう!」と答える夫、他のお客さんからも「パパ~!」との声援、ここまでくると、さすがに、泣きましたね私。
そうなんです、うちのパパ、いいパパなんです。いろいろありましたけどね、でもね、いいパパに、なってくれたんです。

ーーー取り戻したものは、家族の成長と一緒に、喜びも大きくなっていました。

「またちょこちょこやっていいかな?」という夫。
ここでダメと答えられる人はいるのでしょうか。
「ま、ほどほどにね!私も遊ばせてもらうし!」

これからも、その時その時の、家族の「好きなこと」をやって、楽しく暮らしていけたらいいな、と思います。

 >関連記事:「子どもと過ごす時間」と「自分のための時間」。適度な息抜きでいい距離感を by トキヒロ

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:小1、年中

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。年長男児&年少女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ流し中。

website:http://umeyon.net
最新刊:「家事も、育児も、お金も、紙に書くだけでお悩みスッキリ!とにかく書き出し解決術!」(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。