ゼクシィBaby みんなの体験記


うっかり一緒に昼寝をしちゃった時も安心!ワンオペ育児で大活躍する育児グッズとは

f:id:akasuguope01:20180323134505j:plain

赤ちゃんは何をするかわからないので目を離すな」とは言われますが、日常生活において絶対に目を離さずにいろというのは無理な話です。

私たちの家族はパパとママ(私)、子どもの三人だけ。パパは朝から晩までお仕事で家にはいませんので必然的にワンオペ育児のため、なおさらです。

もちろん、ほぼ常に同じ部屋で様子が分かるようにはしていますが、たとえばちょっと玄関ポストに手紙を取りに行く、一緒に昼寝をしてしまうといった「隙」が心配でした。
そうはいっても寝返りをうつ前の5ヶ月くらいまでなら、安全な場所に寝かせておけば問題はないので、1分程度目を離すくらいなら大丈夫なことが多かったです。

生後半年頃になると、のそのそとですが動くようになっていた息子。
とはいえ、まだまだ移動もままなりません。ちょっとしたソファやコタツなどを使ってバリケードを作れば、危険なことはなくそれで済みました。

ただ、これからますます動くと思うと、「今後どうしようか」というのが不安になってきました。

そこへ、私の先輩から「遅くなったけれども出産祝いを送りたい、何がいい?」という嬉しい提案が! 生後半年くらいにもなれば、必要な赤ちゃん用品はすでに揃っていたため、予算を聞いた上で、ベビーサークルをおくっていただくことになりました。

 

関連記事:大人はベビーサークルのなかで食事!? モンスター期の双子との食事事情 by ぐっちぃ

 

我が家に届いたベビーサークルは2m四方あるようなものでかなり大きめ。その分、なかで遊ぶこともできました。また、大人が寝そべることもできるので、一緒にお昼寝するにもちょうどよく、とても便利です。

これで一緒に昼寝をしていて、赤ちゃんが先に起き出しても、安心でした。ベビーサークルが来るまでは、うっかり一緒に昼寝をしてしまうと、「起きて変なことしないか!」と、心配になりましたがこれがかなり自分の気が休まりました。

ポストを確認するために傍を離れる、台所で揚げ物をするなどの時も、ベビーサークルの中に赤ちゃんを入れておけば安心だったので、ワンオペ育児には助かりました。

 

関連記事:後追いがひどい!!!

 
できるかぎり目を離さないようにしていますが、ベビーサークルをいただけて本当によかったです。

f:id:akasuguope01:20180313064800j:plain

著者:あきこ
年齢:35歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

結婚後数年子供に恵まれず、一年間の不妊治療の末ようやく生まれて来た男の子を溺愛するまだまだ新米ママ。常に寝不足と戦いながら周りの家族に支えられつつ、日々進化していく息子に驚きと喜びと、ほんのちょっとの怖さを感じています。驚異の成長を続ける息子と共に私も成長していきたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。