ゼクシィBaby みんなの体験記


ひどくなる三男の乳児湿疹。アレルギー検査も陰性、原因はいったい…

f:id:akasuguope01:20180319193601j:plain

三男を出産して、困ったことのひとつに乳児湿疹が挙げられます。

新生児の頃は赤味もそこまでひどくなく、触り心地の良い感じのつるんとした肌をしていた三男。しかし、生後6ヶ月頃から頬と胸の柔らかい皮膚の周辺が赤くただれるようになってきたのです。やがてあか切れのようになり、カサカサしていきました。そしてまるで土壁のようにザラザラとした肌質になってしまったのです。

かかりつけ医の皮膚科に受診したところ、「念のために、アレルギーテスト用の血液検査をしてみてはどうか?」と提案されました。

 

関連記事:乳児湿疹?それともアトピー?かかりつけ医とは違う医師に聞いてみると… 

 

兄である次男は2歳までの間は卵アレルギーと牛乳アレルギーなので、三男も食物アレルギー反応の可能性があると、考えていました。

私は心配になり、三男もアレルギー検査をしてもらうことに。
結果は、小麦粉・卵黄・卵白・牛乳ともに陰性という結果。少し、ハウスダストの数値が基準値よりも高かったのですが、そこまで問題はないということ。
この結果をうけて皮膚科の先生からは、三男の湿疹はよだれによるただれかもしれないといわれました。

そういわれて納得しました。

三男は、普段から指しゃぶりをよくする癖があり、よだれも多く出ているからです。普段からこまめによだれを拭くようにしていましたが、どうしても皮膚にダメージがでてしまったようです。先生からは保湿をしっかりするようにと言われて、私も保湿対策をすることにしました。

そして使用したのは、羊の油。

三男が新生児だった頃に授乳をする際、私の乳首の保湿剤として使用していたのが羊の油だったのです。赤ちゃんが口にしても問題がなく、馬の油のように独特なにおいはなく、とても使いやすいと思います。
羊の油をこまめに湿疹症状がある箇所に塗るようにしました。市販されている保湿クリームに比べて、羊の油は濃厚で、よだれを弾いてくれる特徴があるそうです。

関連記事:乳児湿疹が酷くなり…色々試した結果、頼りになったのは専門医の存在。 by ぽんぽん

羊の油を三男に塗り始めて、おかげさまで2ヶ月から3ヶ月が経つ頃には、無事に三男の湿疹は治まり、元のきれいな肌に戻りました。

f:id:akasuguope01:20180319172728j:plain


著者:tatto1
年齢:28歳
子どもの年齢:11歳、9歳、1歳7ヶ月、3ヶ月

現在専業主婦をしながら、4人の子供を育てています。慌ただしい毎日ですが最近では、長男が長女のオムツ交換を手伝ってくれたり、他の弟達の面倒をみてくれているので助かっています。趣味はイラストを描くことと創作料理です。最近では、キャラ弁にハマっており、4月から長男が中学生になるので毎日のお弁当作りが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。