ゼクシィBaby みんなの体験記


体力が持たず、無痛分娩に切り替え

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

里帰り出産で、順調に妊娠生活を送り、予定日の夜中に陣痛のような痛みが来て、病院へ。

まだ子宮口もあまり開いていなかったのですが、予定日を過ぎていた為入院になりました。旦那さんにも連絡して来てもらったものの、あれ、、痛みが治まってきた、、

翌日も微弱陣痛のようなものはあってもなかなか本陣痛につながらず。

緊張と、病室にいるせいか、あまり睡眠もとれず、運動したりして陣痛がくるのをまっていました。

結局、促進剤で陣痛を促すことになり、徐々に痛みが…。しかし痛みがピークで来たころには、痛みに耐えられず、体力もなくなり、見兼ねた先生に無痛分娩を進められ、麻酔を打って産むことになりました。

すると痛みがやわらぎ、会話もできるほどになりました。

だけどなかなか赤ちゃん降りて来ず、私自身の出血もあり、赤ちゃんの心拍も下がって来たため、先生がお腹の上に乗って、吸引もして、無事、出産しました。

今思うと、陣痛がきたと思って焦って病院へ行きましたが、もう少しギリギリまで自宅で痛みに耐えていた方がリラックスもできたし、体力も奪われずに済んだのかなと思います(一概には言えませんが)。

また、先生が無痛分娩という選択肢を与えてくれたことは、もう無理、と思ってしまっていた私に安心感を与えてくれました。

これから出産で不安に思っている方は、病院が無痛分娩をやっているところであれば、無痛分娩という一つの選択肢があることを頭にいれておけば、少しはリラックスして出産に臨めるのではないかと思います。

著者:ジュンコ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。