ゼクシィBaby みんなの体験記


促進剤の強烈さ...

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

陣痛促進剤を使うことは全く想定外だったので、妊娠中調べてもいませんでした。私の第一子予定日は2017年12月20日でした。39週での健診では、子宮口は1.5cmしか開いておらず、21日の健診でもまたグリグリやられるのかと嫌だなぁと感じていました。

何か少し変だなぁという感覚はあったものの、当日休みを取っていてくれた主人とランチをしに近場へ出掛けることに。途中トイレに寄ったのですが、終わってからすぐに何かが漏れた感覚がありました。『あ、もしかして破水?』となんとなーく思い、産院へ電話してみるとすぐに来るよう言われ、すぐにタクシーで向かうことに。

その場で即入院。

主人にはまとめておいた荷物を取りに行ってもらいました。破水するとシャワーは浴びたらいけないと聞いていましたが、産院であったからなのかシャワーを浴びさせてもらえました。

夜中は鈍い痛みがあり、何度か起きました。これが陣痛?とワクワクな気分もあったのですが、この後地獄を見ることに。

助産師さんには、陣痛ってそんなんじゃないわよって言われたのが、後に理解することになります。

朝促進剤についての説明を受けましたが、子宮口がほぼ開いてないことから、当日は厳しいだろうと言われていました。17時頃までに8cmまでいかない場合は、翌日に持ち越しとも。

能天気な私は何とでもなるっしょ~的な感じで、心配して来ていた主人にも仕事へ行ってよいよ!と送り出していたほど。

母も朝一で来てくれましたが、祖父の所へ行かせました。

10時過ぎ頃に促進剤投与。

12時にランチが出ましたが、陣痛の波が早くもきていて食べれる状態ではなくなっていました。体力消費するからと少し食べるよう助産師さんへ促され、サラダを口に。

これが後に後悔することへ。。。

促進剤投与からたった2時間で3~5分おきに痛みが押し寄せ、14時には話すことも出来ないほどに。生理痛で子宮がキューっとなる感じが数十倍痛いようなもの。

母はすぐに戻ってきてくれ、主人にも連絡を入れてくれたようでした。

痛みがぶわっと押し寄せてくるのが本当に嫌で嫌で仕方なかった。痛みのピークで、ランチで口にしたものを嘔吐。これが酢の物であったため、いつまでも気持ち悪く、何で食べたんだと後悔!

嘔吐物が髪に付こうが、服が汚れようがもうそんなことを気にしている状態でもなく、押し寄せる痛みに耐えられず、『もう産まないやめる!』と何度訴えたことか。

自分の意思に反してやってくるコントロール不可の陣痛の波。

朝からの豹変ぶりに驚きは隠せなかった様子です。腰が痛いというか、とにかくずっとさすって(実際には叩く)もらえてないとダメで、手を離す主人にイラっとしていました(笑)。

陣痛が来てから5時間、一気に開いた模様の子宮口。痛みが激しすぎて、痛みがひく数秒間で気絶していたと思います。初産なのに不思議なもので、“いきみたい”とポロっと発したのを覚えています。

四つん這いじゃないと耐えられなかった私は、最後の子宮口確認で仰向けにさせられるのが物凄く嫌でした(重力で痛みがピークを越える)。

分娩室に入ってからは15分ほどで出産し、トータルは6時間強と安産のようでした。

 

促進剤はものすごい威力。短く済むものの、その分痛みも強くなります。誰も教えてくれなかったよーと思いましたが、知っていても想像は出来なかったかもしれません。

著者:なんつくん

2017年12月に娘を出産。

育児奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。