ゼクシィBaby みんなの体験記


初産は遅れると聞いていましたが…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

長男出産のときの体験談です。

”初産は遅れる”と、家族や友達から聞いていました。健診でも特になにも言われず過ごしていたのでまだまだだなぁーと思っていたのですが、その時は突然くる!!37週目正産期に入ってすぐです。

その日も自宅で友達とお茶をしていて、まだまだ先よーなんて話をしていましたが、その数時間後におしるしが。おしるしがあってもすぐには産まれないと思っていたのですが、夜中に腹痛。後期の母親学級に参加したばかりだったので、これは前駆陣痛だ!!と、痛みに耐えていました。主人を起こすことなく、きっと本陣痛はもっともっと痛いはずだ!と、ひとりで耐えていました。

朝方になり、破水。自分で産婦人科に電話し、産婦人科から来てくださいと言われてから主人を起こしました。主人はそのときパニック(笑)、もううまれる!?もううまれる!?と(笑)。

車で30分くらいかかる産婦人科だったので、車内で陣痛のピークを迎えることに。

産婦人科に着くとそのまま分娩台に案内され、今日中に産まれますか!?と私が聞くと、もう頭見えてるよーもうでるよーと先生(笑)。あれ?前駆陣痛だと思っていたのは本陣痛だったの!?分娩台にあがってすぐに長男とご対面しました!初産とは思えないスピード出産に助産師さんたちも驚いていました。

まだまだと言っていた私が、昨日はありがとう!産まれたよ!と前日に遊んでいた友達に連絡。一番驚いていました。

そんな長男ももうすぐ3歳。元気にすくすく育っています。一生忘れられない体験談です。

著者:rika

2015年、長男出産。

2017年、次男出産。

長男は自然分娩、超スピード安産

次男は逆子で帝王切開

男の子ふたりに負けない活発ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。