ゼクシィBaby みんなの体験記


遊びたい盛りの長女と生まれたばかりの次女。第二子はお出かけデビューも早かった!

f:id:akasuguope01:20180323120907j:plain

産後の1ヶ月健診で問題がなければ「徐々にお出かけをしていきましょう」と言われますが、小さい赤ちゃんを連れての外出はなかなか大変です。

1人目のときはやはり慎重になっていたこともあり、最初のうちは買い物に出るくらいで、お出かけは主人が休みの時のみでした。

しかし翌年2人目が誕生し、遊びたい盛りの長女を妊娠中の時と同じように公園に行かせてあげたいと思い、ちびっこ2人を連れて出かけるようにしました。

関連記事:新生児と1歳児、年子の兄弟を連れての外出。少しでもストレスなく、自分も楽しむ方法とは

 

1ヶ月健診が無事に終わり、特に問題もなく里帰りも終えて自宅に戻り、本格的に2人の育児が始まります。

次女が1ヶ月の時、長女は1歳7ヶ月。公園遊びが大好きで、次女を妊娠中は公園へ行きその後買い物をして帰宅というコースだったのですが、産後はせっかく出かけるとなっても夕飯の買い物に行っておしまいという、長女にしてみたら物足りないお出かけになっていました。

しばらくは長女には申し訳ないなと思いつつ、おうち遊びをしてもらっていました。ネットでは、出かければ「下の子がかわいそう」、出かけなければ「上の子がかわいそう」なんて言葉を目にして、どっちにしろ何か言われてしまう…。

落ち込んでしまいそうでしたが、人に言われることを気にするよりも、子どもたちの気持ちを優先しようと思い、次女出産前ほどではありませんが次女を抱っこ紐で抱っこして長女と公園に行くようにしました。

おうちでもおもちゃを広げて楽しそうにしてくれますが、やはり外で遊ぶと体力を消耗するのか、寝つきが良いように感じました。また次女にも日光浴をさせてあげられるので、やはり2人いると大変だから…と億劫にならずに出かけてよかったです。

お出かけといってもほんの1時間ちょっとくらいですが、長女は嬉しいようで主人の帰宅後に今日はどこにでかけたとか嬉しそうに話していました。

しばらくは近場で済ませていましたが、生後3ヶ月ごろにはこちらも慣れてきたこともあり、電車を使って外出できるようになりました。2人分の荷物を持つとなかなかの量になりますが、いざという時にやはり色々持っていた方が安心です。

上の子も下の子も楽しくストレスなく過ごせると、自己満足ですが私自身も嬉しい気持ちになりました。

関連記事:幼児&乳幼児とのおでかけ。数々の失敗から学んで行き着いたリュックの中身 by マルサイ

 

f:id:akasuguope01:20171212153012j:plain

著者:エイミー
年齢:33歳
子どもの年齢:4歳、2歳、3ヶ月

ふた回り近く年の離れた年の差夫婦です。2学年差で3人の子供がいて、今後のことを考えるとちょっと心配ですが、楽しく過ごせるように夫婦で工夫しています。ちびっこが3人もいると出先にも迷うところで、子連れで行けるレストランや遊び場を探すのが最近の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。