ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠中仕事を楽しく続ける鍵は…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかってから産休に入るまで仕事を楽しく続ける鍵は、結婚されている方ならやはり「夫」ではないでしょうか?

 

私はいわゆるデキ婚で、妊娠と結婚生活が同時にスタートしました。

お腹が大きくなるまでの妊娠初期〜中期は夫がなかなか子どもがいるという自覚、妊婦の体に起こっていることへの正しい理解を持ってくれなくて、家事も休みの日以外はあまり手伝ってくれませんでした。

妊娠したという喜びはありましたが、ただでさえ不安になりやすくなる時期に、夫のお世話も付いてきたような感覚になり、私生活のストレスから仕事でもイライラすることや失敗することが増え、疲労が溜まり、家に帰ってまたイライラ…と悪循環の毎日でした。

 

しかし、妊娠がだいぶ進んだ頃、やや無理矢理に夫を病院の両親学級へ連れて行くと、お腹が大きくなってきていたこともあると思いますが、夫の意識が驚くほど変わったように感じました。

寝る前にマッサージをしてくれたり、洗濯を干していれば手を出してくれるようになったり…!

その支えがあるだけで、夫に優しい気持ちでいられるようになりました。すると、不思議に仕事も上手くいくようになりました。

私のように、旦那様が少し古い考えで、出産育児は女性任せというご家庭の方もいらっしゃると思います。その意識を変えさせるのは本当に大変なことと思います。自分から伝えてもなかなか変わってはくれないですよね。

妊娠中で疲れたり落ち込んだりしていると、旦那様と向き合うのすら面倒に感じると思います。ですが、嫌な顔をされるのを覚悟して、頑張って旦那様を市町村や病院などが行っているプレパパママ向けの教室へ連れ出してみてください!それでも変わらない旦那様もいらっしゃるかもしれませんが、その道の専門家に言われることというのはかなり心に響くみたいです。

夫の支えを感じれば、家庭も楽しくなりますし、仕事の愚痴や相談も楽しく話せるようになり、また次の日頑張ろうという気持ちになれると思います。

 

こんなに大変な時に仕事までしながら何で一人で頑張っているんだろう?と、悲しい気持ちや不安な気持ちで過ごされている方や、旦那様からの支えを諦めている方が、勇気を出して旦那様と向き合うことで、明るくて楽しいマタニティライフを過ごせるようになりますように!

著者:nAo

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。