ゼクシィBaby みんなの体験記


文化の違いにストレス

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

韓国人の夫と結婚し、妊娠、出産。出産前は夫婦喧嘩もしながら、また夫の家族にも可愛がられて暮らしていました。

しかし長女出産前後、予想外のストレスに見舞われました。

韓国は日本よりも家族の関係が深く、家族間はもとより他人や通りすがりの人であっても、良かれと思って子育てや様々な事に口出し(良く言えばアドバイス)してきます。

夫の家は家族全体的に心配性、神経質で、ましてや初孫だったのでなおさらだと思いますが、夫をはじめ、義母や義理の妹から、あれダメこれダメ、ああしろこうしろ、のオンパレードでした。

 

埃がたつから子供の近くで着替えるな。寝ている子供の頭から話しかけると子供が斜視になる。鼻が高くなるように鼻をつまめ。足がまっすぐになるように手で伸ばせ。100日は外に出すな。臭いが子供に良くないから21日間は魚や肉を焼くな。

(子供が汗をかいているのに)暖かくしろ。しゃっくりしてるのは寒いからだ。癖がつくから抱っこするときに足を閉じて抱け(女の子だから)。電磁波が付くから(?!)子供の洋服ダンスはテレビから離せ。

などなど、笑っちゃうくらい科学的根拠の全くないもの、日本では良くないこととされていることまで言われました。本人達は純粋に良かれと思って言っているのですが、私の実家のスタイルとは間逆で私のやることなすこと注意されて、子育てよりもストレスでした。

海外で、しかも小さい子供がいるのでストレス解消法も限られる中、私は日本の家族や友達に愚痴ったり、同じように韓国人と結婚した日本人の先輩ママに愚痴ったりしてなんとか乗り切りました。

 

そんな神経質だった夫も時間が経ってみれば、少しくらい子供が転んで泣いても、大丈夫大丈夫と笑って言えるくらい成長しましたし、私もこの間、夫の国や家族の考えを少しずつ受け入れてきたので、今回次女を出産しましたが、長女のときのストレスを懐かしく思えるほどになりました。

子供に育てられると言いますが、本当に夫も私も成長したし、お互いを理解し合うきっかけを娘が与えてくれました。

著者:ユナママ

韓国人の夫と結婚して韓国に在住している二児のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。