ゼクシィBaby みんなの体験記


体の成長にともない遊びも成長! 1歳までの間子どもが好きだったのは…

f:id:akasuguope01:20180325135459j:plain

お布団の上でゴロゴロしているだけだった赤ちゃんも、すぐにおすわりをするようになって、ハイハイができるようになり、つかまり立ちをするように。成長にともなって遊び方もどんどん変わっていくので、とっても楽しい毎日が過ごせていました。

ゴロゴロしているだけの頃は、目もぼんやりとしか見えていないようで、カラフルなおもちゃを目で追うだけでした。誰かに遊んでもらうときは膝の上に乗せてもらって、手を開いたり閉じたりしながらお歌をうたってもらうことが多かったです。

おすわりをするようになると自分でおもちゃを握ったりできるようになるので、赤ちゃんでも握りやすいおもちゃで、振ると「カランカラン」と鳴るものを好んでいました。

自分で手を伸ばしておもちゃをとったり、放り投げたりもできるようになってきていたので、我が家の次男がおすわりできるようになった頃は、お兄ちゃんが「ハイ、どーぞ」とおもちゃを差し出すとそれを受け取りポイ! と投げるやり取りを何度も何度も繰り返していました。兄弟で遊べる嬉しさをお兄ちゃんも感じているようで、とても微笑ましかったです。

関連記事:6ヶ月~1歳ベビーが大好きなおもちゃは、おばあちゃんからもらうアイスの◯◯!

ハイハイをするようになると、自分が欲しいおもちゃの方へスタスタ行って遊びだすので、気付けばティッシュが全部出し切られていたり、リモコンを舐め回していたりしました。

この時期からモノを使ったらしまうように、引き出しも簡単にあかないようにロックをかけたりなど徹底するようになりましたが、「お兄ちゃんのおもちゃを見つけたらとりあえず口の中に入れてみる」という時期だったので、ともかくヒヤヒヤしました。

当時の次男がとくに気に入っていたのはおもちゃのケータイで、握った時にたまたまボタンを押し、鳴る音楽に心躍ったのか、すぐにお気に入りのおもちゃとなっていました。

つかまり立ちをするようになったときは、歩行器でスタスタ歩くのが大好き。テレビで幼児番組を見ては、テレビの前で音楽に合わせて「パチ、パチ、パチ」と、手を叩いたり、上下運動をしたり、足踏みをしてリズムをとっていました。

1歳までの間を思い出すと、その時その時で遊び方にも成長がみられるなと思います。私が思うに次男は総じて音が鳴るおもちゃが気になるようです。また次男の気に入る音の鳴るおもちゃがみつかればなと思います。

関連記事:いつもお下がりばかりの次女に1歳の誕生日プレゼントを! 

f:id:akasuguope01:20180325135612j:plain

著者:まっち
年齢:27歳
子どもの年齢:7歳、1歳

子育ても、仕事も、家事も、遊びも手抜きのできないまっちです。子供にはいろいろな経験をしてもらいたいと思い、興味があることには触れさせてあげられるように日々過ごしています。離婚歴があり、悩んだこともあったけど今の自分がいるのは家族がいるから。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。