ゼクシィBaby みんなの体験記


まさかの切迫早産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

6年と少し間が開いた2人目の妊娠。やはり1人目の妊娠とは違って、上の子をどこかに連れて行ってあげたり、お友達との付き合いなどもあり、また自宅で仕事をしていたので、長時間座りっぱなしで没頭していてお腹の張りに気付くのが遅くなってしまいました…。

夕方に気付いた時には、一部分が石のようにカチカチに。触れると飛び跳ねる程の激痛が。

寝れば治るかなと思い、翌朝まで様子を見ていたのですが、治らなかった為、産婦人科に連絡して念の為、受診してNSTの機械を付けてみたところ看護師さんはそんなには張っていないですねと。

そこから2時間診察を待ったので緊急性もないのだろうと安心していたのに、診察室に呼ばれた途端、医師からの『入院ですね』の一言。本当に冗談かと思いました…。

 

そういえば1人目妊娠時も張りやすかったようなのですが、自分では張るということが全く分からなくて、検診の度に張っているから無理しちゃダメ!!と張り止めのウテメリンを処方されていたのを思い出しました。

 

それから診察台に上がると、子宮頸管長が2センチになっていたそうで、やはり入院と言われ、トイレと食事以外絶対安静。移動は車椅子となりました。

 

35週0日の退院前日に内服薬に切り替えて、35週1日には自宅安静を条件に退院することが出来ました。

 

36週0日に医師の判断で、内服薬もストップ。

本日37週の正産期を迎えるまでは、自宅安静で多少の家事はしていましたが、張ったら直ぐに横になれるように、実母に泊まりがけで来てもらって何とか過ごしていました。

現在、前駆陣痛は時々ありますが、まだ本陣痛には繋がらないので、いつ産まれるのか…。

切迫早産でも結局、予定日近くまで産まれないパターンだったりして…。

著者:kapono

第1子女児出産から7学年差の第2子妊娠中で、そろそろ出産予定。

つわりは吐くまではいかないけど、だらだらと長期間気持ち悪いのが続いていて、スッキリしだしたのは妊娠後期に入ってから。さぁ、動こう!と思ってお出かけが続くとまさかのインフルエンザにかかったり切迫早産で入院することに…。結局、娘の小学校の入学式にも出れなかったし、娘も情緒不安定だし…と色々ありましたが、もう直ぐベビーに会えます♬

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。