ゼクシィBaby みんなの体験記


妊娠初期の情緒不安定は、自分ではコントロールできない分辛かった

f:id:akasuguope01:20180323165827j:plain

私は妊娠前、生理周期は安定しました。周期は30日で、正確に生理が始まるタイプです。それが、長男をはじめて妊娠したときは違いました。

生理予定日を3日、5日と過ぎていくと、生理前に訪れるイライラとは違う気持ちの落ち込みがありました。仕事をしていても気が乗らない、家族といても落ち着かない、大好きなご飯が前に出てきても食べる気にならないという日が続いたのです。

生理予定日1週間を過ぎたころに「もしかして、赤ちゃんできたのかな?」と思い、妊娠検査薬をやったところ、はっきりと赤い線が出ました。

「やっぱり!」と納得しました。

私の気分が落ち込んでいることで、重たい空気を感じていたパパに真っ先に報告すると、「なんだー! 赤ちゃんができてたんだね!」と納得。私も情緒不安定だった原因が赤ちゃんができていたからだと知ると、少しばかり気分が晴れて、家族とも明るく会話ができるようになりました。

大好きなご飯については、美味しく感じられる日がほとんどでしたが、食べ過ぎた次の日やたくさん動いた次の日には体調が優れず、夜ご飯を作り上げただけで「うっっ」と来てしまう日もありました。私は気持ち悪くなってしまうタイミングがこのように分かりやすかったので、「妊娠しているから2人分♪」とは思わないようにして食べ過ぎを予防、まだまだ身軽だと思っていても無理な動き方はしないというところに注意して、うまくつわりと付き合えていけた方だったと思います。

嘔吐恐怖症な私でしたが、吐きづわりも16週を過ぎるとぱたっと終わり、すぐに安定した日々が戻りました。

 

生理再開後、多少の生理不順がありましたが、1週間以上ずれることはありませんでした。ですが、次男を妊娠したときは、気づいたら生理予定日を1週間以上過ぎていたのです。その頃、家族に「なんだか最近調子悪そうだね」と言われていたことに気づき、数年前の妊娠初期症状を思い出し検査すると、見事に妊娠していました。

2人目は1人目とつわりが異なることもあると聞いていましたが、私は前回同様、気分の落ち込みとたまに起きる食べ物に対するつわり15週のころまでありました。長男の育児と仕事との両立があったので、軽いつわりでとても助かりました。

妊娠初期の情緒不安定さは、自分ではコントロールできない分辛かったです。妊娠すると体だけでなく心も変わるんだなぁと思った出来事でした。

 

f:id:akasuguope01:20180323165621j:plain

著者:まっち
年齢:27歳
子どもの年齢:7歳、1歳

子育ても、仕事も、家事も、遊びも手抜きのできないまっちです。子供にはいろいろな経験をしてもらいたいと思い、興味があることには触れさせてあげられるように日々過ごしています。離婚歴があり、悩んだこともあったけど今の自分がいるのは家族がいるから。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。