ゼクシィBaby みんなの体験記


危ない!おむつ替えで目を離した瞬間に、上の子が生後3ヶ月の赤ちゃんを…

f:id:akasuguope01:20180318155944j:plain

下の子が生まれると上の子が赤ちゃん返りをする…、第二子妊娠中によく聞いた話です。「下の子は赤ちゃんだから多少泣かしてでも、上の子を優先してあげなさい」なんてアドバイスも見ていたので、そんなに大変なのかと不安に思っていたほどでした。

我が家の第一子と第二子は年齢差がないうえ、第二子が誕生する頃、第一子はイヤイヤ期真っ盛り!妊娠中に始まったイヤイヤを横目に「1人でもいっぱいいっぱいな私が、こんな状態で2人も育てられるのだろうか」と更に不安が大きくなっていきました。

そんな不安な気持ちもあったものの、第二子が誕生する際は第一子も立ち会い、「赤ちゃん赤ちゃん」と喜んでいる姿を目にしてなんだか感動したのを覚えています。

入院中は毎日のようにお見舞いに来てくれるものの、別れ際も寂しがることなくすーっと帰っていく我が子。「あれ?隣の部屋の人の上の子は、毎回面会時間ギリギリまでいて、大泣きなのに」と別の意味で不安にもなるほどでした。

面会中も私に執着することなく、「あ、赤ちゃんとママ。どうも」のような感じ。お手伝いにきてくれている義母との生活をエンジョイしている様子でした。

 

退院後もそんな感じで「ママじゃなきゃやだ!ばーば(もしくはパパ)はあっち行って!」なんてことは皆無。むしろ「ママは赤ちゃんのお世話があるでしょ。私のことはいいから、いいから」といわんばかりの様子。赤ちゃん返りでママべったりになるかも…、なんて不安は完全に杞憂かな、と思っていました。

その後も第一子はイヤイヤはあったものの、赤ちゃん返りで困らせることはありませんでした。

 

しかし、第二子が生後3ヶ月になった頃、事件が起きたのです。


当時、私は産後の腰痛がひどく、ベビーベッドもしくはソファーでおむつ替えをしていました。

その日もいつも通り、ソファーでおむつ替えをしていたのですが、おむつを処理しようと第二子から手を放した瞬間、近くにいた第一子が「〇〇(第二子)キライ!」と第二子を思いっきり押したのです。それほど高さがあるソファーではなく、またたまたま下に布団が敷いてあったのが不幸中の幸いでケガはなかったものの、突然のことに大泣きする第二子。私もかなりびっくりし、何が起こったのか瞬時には理解できませんでした。

その後、随所に赤ちゃん返りのような行動を魅せるようになった第一子。3ヶ月間我慢していたのか、それとも私が気づかなかったのか。第一子へのケアが足りていなかったこと、また、それに加え、危険があるところでおむつ替えをしていたことを猛反省しました。

 

今では笑い話のひとつとなっていますが、当時は本当に慌てたできごとのひとつです。

f:id:akasuguope01:20180318160001j:plain

著者:ゆめさい
年齢:34歳
子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている?ふりまわしている?3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年…。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。