ゼクシィBaby みんなの体験記


6ヶ月~1歳ベビーが大好きなおもちゃは、おばあちゃんからもらうアイスの◯◯!

f:id:akasuguope01:20180313065638j:plain

息子は家のおもちゃで遊ぶよりも、支援センターなどに行って遊ぶおもちゃの方が楽しそうに遊びます。支援センターにあるおもちゃはさまざまですが、保育士さんたちの手作りのおもちゃも多く参考になります。

 

その中でも我が子が遊びに行くたびに楽しんでいたのが、アイスのフタのおもちゃでした。

某高級アイスのフタを硬貨に見立てた貯金箱のようなおもちゃで、他の型落としのおもちゃよりもやりやすいようです。我が子はようやく座ること、おもちゃを手に取ることができるようになった頃でしたが、他の年上の子が遊んでいるのを興味深そうに見ていました。それを見て、我が家でもちょっと奮発してアイスを買い、2つか3つ程のフタを家でも与えてみました。

これが生後半年ほどの赤ちゃんには結構便利なおもちゃでした。薄すぎず固すぎないプラスチック製なので、踏みつけたり投げたりしても怪我をする心配もなく、赤ちゃんがいくら噛んでも大丈夫でしたし、ちぎれることもありませんでした。大きさも赤ちゃんが手で握るのにちょうどよく、口にも入らない安心のサイズです。

当初はほんの2、3枚だけだったのですがダンボールなどで貯金箱を作ってあげると、支援センターでするように型落としのように楽しむようになりました。

ただ、我が家はもともとアイスを食べる習慣はあまりなく、それ以上フタが増えることはありませんでした。

しかし、義母がアイスのフタで遊ぶ孫を見て以来、遊びに来るたびにアイスのフタだけを持ってきてくれるようになったのです。期間限定の商品も頻繁に出ていたので、来るたびに季節限定のカラフルなフタが増えて、息子の貯金箱も量が増えて行きました。

「さすがにこれ以上はもういいです」とお話しするまで、最終的にはアイスのフタは50枚ほどになりました。

 

1歳になり遊びに慣れた息子も、50枚のフタを全部ひっくり返しては黙々と穴に落として遊ぶこともあります。

沢山あるので、お出かけの時に1枚握りしめて遊びに行くこともありました。手持無沙汰な時は歯固めのように口でかみかみしたり、砂場ではスコップ代わりにもなります。今のところなくしたことはありませんが、落としてしまっても全く惜しくないのも親として気が楽でした。

ただ、願わくば義母にはフタだけでなく、中身も一緒にくれたらよかったなあ……と少しだけ思ってます。

f:id:akasuguope01:20180313064800j:plain

著者:あきこ
年齢:35歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

結婚後数年子供に恵まれず、一年間の不妊治療の末ようやく生まれて来た男の子を溺愛するまだまだ新米ママ。常に寝不足と戦いながら周りの家族に支えられつつ、日々進化していく息子に驚きと喜びと、ほんのちょっとの怖さを感じています。驚異の成長を続ける息子と共に私も成長していきたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。