ゼクシィBaby みんなの体験記


はじめての妊娠、今から不安でいっぱいです

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

34歳で結婚し、36歳ではじめて妊娠しました。

子育ては体力勝負だと聞いていたので、早く子どもをうみたいと気持ちばかりが焦っていました。

 

主人は私より3歳年下なので、多少温度差があり、仕事も多忙だしあまり協力的ではありませんでした。

 

不妊治療も考え、病院に行きましたが、2人とも全く問題がありませんでした。

 

出来れば自然妊娠が良いと考えていたので、なんとか授からないものかと思案していた時、主人と結婚して以来の一番すごいケンカをしてしまいました。

もうダメかと思うくらいのケンカでしたが、かえって絆が深まりました。そこではじめて本当の夫婦になった気がしました。

 

すると、それから数週間後、赤ちゃんがやってきてくれました。

よく子どもは授かりものだから、と言いますが本当にその通りなんだなと感じました。

 

6週目あたりからつわりが始まりました。母がつわりがひどかったと聞いていたので、私も同じなのではと相当身構えていました。

しかし、幸いなことに思っていたほど酷くはなく過ごすことができました。

思っていたほどではなかったものの、スーパーに行けない、台所に立てない、食べたいものが思うように食べられない、など辛い日々が続きました。

 

20週目あたりにようやくつわりも治まりましたが、24週の現在でもたまに吐き気を催すことがあります。

特に、寝不足が続くと体調が芳しくない日があり一日中家にいることもしばしば。

 

主人の仕事も相変わらず忙しいため朝は早く夜は遅く、それに合わせて私も寝起きしているのでどうしても身体に負担がかかっているようです。

 

結婚を機に地元を離れて暮らしているので、満足に友達とも会えず友達もそんなにいないので、おしゃべり好きの私としては日々辛いです。

 

体の調子が良い日は買い物など出掛けますが、あまり遠いところへは怖くて行けません。電車に乗るのも、立つのは自信がないのでほとんど乗っていません。

 

今まで出来ていたことが満足に出来ない苛立ちを感じる日々です。

しかし幸いなことに、高齢出産にもかかわらず、特に問題もなく過ごせています。

 

出生前診断はしませんでした。それをすることによってかえって流産する確率が高くなると聞いたからです。

もし妊婦健診で先生に何か指摘されたりしたら考えたかもしれませんが、幸い何もなく過ごせていたので主人も(必要ない)と言ってくれました。

 

色んな不安要素はありますが、胎動を感じるとやはり嬉しい気持ちでいっぱいになります。

少しずつ赤ちゃんグッズも買い足しています。毎日話しかけたりお腹をさすったり、おかげで独り言⁉︎も増えました(笑)

 

ほとんどの友達がすでに出産しているので情報収集には困らないです。あと、同じように子育て中の友達に最新の子育て事情を聞いています。

 

もうすぐ里帰り出産で実家に帰ります。夫婦旅行にも行く予定です。限られた残りの妊娠生活を満喫しようと思っています。

 

著者:まりお

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。