ゼクシィBaby みんなの体験記


頭皮に黄色いかさぶたが……皮膚科でわかった乳児脂漏性湿疹

f:id:akasuguope01:20180214212230j:plain

次男がまだ首もすわる前の生後1~2ヶ月のとき、頭皮に乳児湿疹ができてしまいました。まだ髪の毛もあまり生えていない時期でしたので、すぐに気づきました。

長男も乳児湿疹はときどきできていたのですが、頭皮にできたことはありません。どちらかというと、顔や体に赤い湿疹がでて、これは数日しっかりと保湿していれば治りました。

 

今回の次男の湿疹は頭皮に黄色いかさぶたができるもので、はじめ見たときは乳児湿疹とはわからず、とてもびっくりしました。

頭皮なので保湿もしにくく、いつもよりしっかり洗ったりと数日様子を見ましたが、治る気配がありません。むしろ範囲が広がっていったので、心配で皮膚科を受診することにしました。

そこで言われたのが「乳児脂漏性湿疹」でした。


なにか大きな病気だったらどうしようと不安だったので、これも乳児湿疹であると知って、少しほっとしたのを覚えています。

乳児湿疹にはいくつか種類があり、特に多いのは「乳児脂漏性湿疹」といわれる顔や首、体にできる赤い湿疹や、頭皮や眉毛の生え際に黄色いかさぶたのようなものができるもの。

そして額や頬などに赤いぶつぶつができる「新生児にきび」と教えてもらいました。皮膚科の先生いわく、「乳児湿疹は、乳児、つまり乳を飲んでいる間は、何度も出る可能性がある」とのこと。

幸い、次男のかさぶたのような乳児湿疹は、皮膚科でいただいた塗り薬を塗って、お風呂では丁寧に洗うことを心がけていると、次第に消えていき、再発することはありませんでした。

先生から赤い湿疹は、保湿で自然と治っていくことが多いですが、黄色いかさぶたになってしまった湿疹は、薬を塗らないと治りにくいと言われたので、病院に行ってよかったです。

もし、次の子が生まれ乳児湿疹ができたときは、なるべくすぐに皮膚科を受診しようと思っています。

次男を産むまでは、赤ちゃんなんてそれぞれ大差などないように思っていましたが、同じ親から生まれ同じように育てていても、いろいろな場面で違うことがあるのだとわかりました。

今回は乳児湿疹ですぐに治りましたが、長男がならなったから、次男も大丈夫と高をくくることのないよう、これからも気を付けて育児をしていきたいなと思います。

f:id:akasuguope01:20180214212306j:plain

著者:fumiyo3o
年齢:23歳
子どもの年齢:3歳、0歳11ヶ月

20歳で第一子、22歳で第二子を出産しました。パソコンと読書と麻雀が趣味の専業主婦です。社交的な長男と甘えん坊な次男を育てています。二歳差兄弟の育児は大変ですが、毎日幸せに過ごしてます! 子どもが生まれてからは育児本を読むのがとっても楽しいです♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。