ゼクシィBaby みんなの体験記


興奮しっぱなしのお宮参り。まさかココでガソリン切れー!?…からの大惨事 by まきりえこ

f:id:akasuguedi:20180410140953j:plain

f:id:akasuguedi:20180410141005j:plain

今はお祝い事の記念撮影は、前撮りとかあるんでしたね。
うちは両家の親がそろう機会に、あまり考えずに
当日、現地の写真館で撮影しました。

算段を夫任せにしたのも悪かった。
私は産後でぼ~~っとしてますが
夫は平常運転でぼ~~っとしてますからね!
予約とか前撮りとか、何にもしてなかったと見ゆる!
もう押すな押すなのすごい列!

 

でもまあうちの子、退院の時の寝ないっぷりを考えても
こういうイベントではギラギラになっちゃう子ですから
写真撮影の時に寝てる率低いはず・・・

ところが、お祓いの順番で待ち、写真撮影で待ち、
かかった時間が長すぎました。
のちに「よいっぱり1歳児」「ねないこだれだ、おれさまだ」
といわれた子ですが、まだわずか生後1か月

ガソリン切れました。しかも列の最前列になって!

 

写真館のおじさんが、手慣れたタンバリンをジャガジャガ鳴らしても
助手さんが駆けつけて手足をくすぐってもぴくりとも起きません。
悪い汗が出てきました。

後ろで並んでる人の視線が痛い!
おじさんずいぶん頑張ってくれたのですが
それでも起きず、タイムアップで別室待機となりました。

 

赤ちゃんが起きたら、優先的に撮ってくれるそうですが
疲れた!早く撮り終えてお家に帰りたい!
なによりジジババが疲れていよう。

あの手この手で起こしますが起きません。
「おむつを外したらどうだろう!」実母が言いました
「それはいい!」「知恵者だ」「ついでに尻を冷たい手で触ればどうだ」
疲労の色濃い一同、その案に飛びつきました。

忘れてた・・・
この赤ん坊はやってくれるヤツ!

股関節の検査の時も、検査室を阿鼻叫喚の渦に巻き込んだ
「ナイスタイミング噴水」が控え室で炸裂しました。
ちっこい膀胱のどこにそんな大量の・・・おい!

お母さんの晴れ着しっこまみれ!

>>次回エピソード:首すわり遅くない?実母からの“母親キラーワード”にイライラ爆発 by まきりえこ

f:id:akasuguedi:20160902190331j:plain

著者:まきりえこ
ゆると:2001年生まれ。お腹の中からダンスィだった。

イラストレーター。2008年、疲れ気味の男子育児からの現実逃避でスタートした子育てブログ「ちくわの穴から星☆を見た」がなぜか人気に。アメブロ子育てランキング1位、のち書籍化。書籍「小学生男子(ダンスィ)のトリセツ(低学年編・高学年編)」「園児《エンジィ)のトリセツ」にて、やらかし系おばか男子「ダンスィ」を描き、母親たちの熱い共感を得た。「ブログ:ちくわの穴から星✩を見た NEW」。イラストマンガ参加書籍「#アホ男子母死亡かるた」など。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。