ゼクシィBaby みんなの体験記


普段の様子からは全くわからなかった。難聴の原因にもなる「滲出性中耳炎」

f:id:akasuguope01:20180215093317j:plain

初めて息子の中耳炎に気づいたのは、1歳10ヶ月の頃でした。それは鼻風邪で小児科を受診した時のことです。

普段の生活の中での様子は全くかわらなかったので、中耳炎だなんて思いもしなかった私。とても驚きました。

「おそらく滲出性中耳炎ですね。水が溜まっているようにみえます。耳鼻科で確認してもらってください」と言われ、不安な気持ちでいっぱいになりました。

原因は何か、今どんな状態なのかを小児科の先生に確認すると、医師からは「難聴の原因にもなります。耳鼻科にいかないと水がたまっているかどうかも分からないし、今は目視で耳をみてそう判断しただけですので」とのこと。これでさらに不安になってしまいました。

すぐに耳鼻科に行って診察してもらうと、やはり滲出性中耳炎であると言われました。

そしてその病院では「鼓膜を切開して水を出しましょう」と言われました。ただ突然のことで、私は即断できませんでした。すぐに別の耳鼻科にも行ってみることにしました。

二つ目の病院では「水の量も少ないので薬で抜けそうですね。試してみましょう。それで駄目なら次を考えましょう」と言われ、ほっとしたのを覚えています。

薬の他にはどのような方法があるのか、順に説明してくださり「今回の場合は薬で大丈夫だと思います」ということだったので、不安だった気持ちがやっと落ち着きました。

丁寧な説明だったため、納得して治療を受けることができました。焦りましたが、セカンドオピニオンをしてよかったと思います。

このように結局は薬で治ったのですが、本人に自覚症状がなかったこともあり、また滲出性中耳炎になっていないかと不安になることがあります。

急性中耳炎は熱や痛みが伴うそうですが、滲出性中耳炎は炎症が弱く熱や痛みがないこともあるのだそうです。

症状として難聴が起こる場合があると医師からは言われましたが、まだ小さい子だと大人に伝えることができないので、発見が遅れる場合もあるとのこと。
副鼻腔炎も滲出性中耳炎の原因になり良くないとのことで、耳鼻科ではそちらも診ていただきました。耳だけでなく、鼻や喉などにも注意しなければいけません。

今までは鼻風邪をひくと小児科に行っていましたが、鼻水が酷い時は耳鼻科に行き、耳に気をつけてあげようと思います。

f:id:akasuguope01:20180215093730j:plain

著者:もも

年齢:38歳
子どもの年齢:3歳、1歳

甘えん坊でおとなしい3歳の息子と、いつもにこにこ笑顔で活発な1歳の娘と毎日楽しく過ごしています。最近は子どもたちが2人で遊ぶことが増えてきて、2人を見ているのがとても楽しいです。週末はいつも公園やランチ、そして温泉に行くのが家族の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。