ゼクシィBaby みんなの体験記


「母乳じゃなくてもいいんだよ」夫のかけてくれた言葉で心が軽くなりました

f:id:akasuguope01:20180111105416j:plain

お腹もだいぶ大きくなった妊娠後期。自分よりも3ヶ月先に産んだ友人からは、「母乳が噴き出るほど出ちゃって困る~」なんて話を聞いていたので、私も同じように出るものだと思っていました。加えて母乳育児は痩せるとも聞いていたので「今よりも体重が減っちゃったりして」なんてほくそ笑んでいたくらいで、母乳についてあまり心配はしていませんでした。

そして、いよいよ陣痛が始まり、この世のものとは思えぬ痛みに耐え、愛する我が子を抱きました。

これで母乳も出るのね~と思っていたのですが、胸は張らず、マッサージをしても出ないのです。時間をかけて自動搾乳機を使っても舐める程度にしか出ません…。

夜中の病室で子供が寝ている間は搾乳を続けました。それでも母乳が出ない自分に対して「私は母親失格だ」「周りのみんなは母乳が出ているのになぜ?」と自分自身を責めていました。

入院している間は助産師さん達にああでもないこうでもないと言われながら、色々と指導してくださったのですが、それすら辛く、早く退院したい気持ちで一杯でした。

でも、そこからが本当につらい日々の始まりでした。

入院中から毎日ミルクと母乳の量を記録し、いつどのくらい飲んだのか把握できるようにしていたのですが、母乳の量は全然増えていません。市から派遣される保健師さんにも相談しましたが、「出るようになるから大丈夫、母乳で頑張りましょう」と励ましてもらうのみで、やはり出ないことに焦りと不安がいっぱいでした。

 

そんなある日、主人から「母乳はどう?」と聞かれました。その時、今まで溜まっていた焦りや憤り、不安な気持ちが一気に押し寄せました。私は泣きながら母乳があげられない悔しさを伝えました。

そして主人にかけられた言葉は、「ミルクを飲んでしっかり成長しているから大丈夫。母乳じゃなくてもいいんだよ」。

その言葉にフッと心が軽くなりました。子供がしっかり育っているから大丈夫だと思えたのです。母乳にこだわって、意固地になって、勝手に焦っていたのは私で、子供はすくすく育っている。それが一番であることに気づかされました。



そこからは、友人や周りの方々から母乳かミルクか聞かれても、胸を張ってミルク一本であることや母乳が出ないことを打ち明けられるようになりました。自分自身が母乳をあげられないことに負い目を感じていただけで、周りを気にしすぎていたなと思います。

一番近い理解者である主人に、あのとき心のわだかまりを吐き出すことができて、本当によかったと今でも思います。

f:id:akasuguope01:20180111105434j:plain

著者:えいママ
年齢:28歳
子どもの年齢:0歳10ヶ月

0歳男児をもつワーキングマザーです。生後6ヶ月から保育園に入所し、育児・家庭・仕事の両立を模索しています。働きながら育児・家事について参考になるような話が書けたらいいなと思います。妊娠中はつわりが酷く、妊娠後期早産の診断をされました。予定日数日前に無事生まれましたが、産後のマイナートラブルに現在も悩まされています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。