ゼクシィBaby みんなの体験記


母乳育児にこだわりすぎていた私。新生児の体重が増えなくて思わず涙

f:id:akasuguope01:20170922212019j:plain

私は30歳の時、第2子を出産しました。産まれてきたわが子は可愛く愛おしい存在でした。

息子は予定日より2週間早く生まれ、2400gの未熟児でした。しかし、体は元気で問題ないとのことで、予定よりたった1日だけの遅れで退院することができました。

ところが、退院してから1週間後の検診の時に、私の母乳の出が悪いせいでなかなか息子の体重が増えなかったことを、産婦人科の先生にきつく言われたことがありました。

母乳育児にこだわるより、まずは子供さんの体重を増やすことが優先です‼︎」と。


私が出産する1年ほど前、姉が出産して母乳育児をしていました。すごく順調で、母親にも「母乳育児がいい」ということを言われていたので、自分も母乳育児で頑張れると思っていました。

ところが、予想以上に母乳の出が悪かったのと息子が小さく吸う力がなかったことから、退院時よりも1週間後の体重が減っていたのです。

帰り、母親が運転する車の中で子供を抱っこしながら涙がこぼれてきたのを覚えています。母に「しっかりしなさい」と励まされつつも、母自身も「母乳母乳と言い過ぎた」と反省していました。

割り切って病院でもらっていたミルクを、母乳を吸わせた後に息子に飲ませました。少しずつ息子の顔つきや体がふっくらと大きくなってきたので、安心しました。

そのうち自分でも母乳がたくさん出てきたのを感じたので、少しずつミルクを減らしました。

息子自身も母乳の飲み方に慣れ、よく吸ってくれるようになったと感じました。

そして、1ヶ月検診では、標準よりはまだ小さかったのですが、産まれた時から900gほど体重が増えていたので先生にも褒めてもらいました。


慣れないこともありましたが、母乳だけにかかわらず子供のことを優先することが大事だと気づきました。

1ヶ月検診の後、里帰りから自宅に戻りました。ですがその後もまだ不安だったので、子供の体重計(スケール)をレンタルしました。生後3ヶ月には標準体重に追いついたのでスケールは返却しました。

その後、順調に成長して、3歳になる息子は保育園のクラスの男の子の中で一番背が高いのです。今だから笑って言えることですが、生後3ヶ月ぐらいまでは不安でいっぱいで余裕はありませんでした。

今思えば、長い目で見ればストレスも溜まらなかったのになぁと反省していますが、その時は必死でした。今は元気に育ってくれて本当に良かったです。

f:id:akasuguope01:20170922210939j:plain

著者:み_1
年齢:33歳
子どもの年齢:0歳、3歳、5歳

育休中の3児のママです。普段は医療事務の仕事をしています。一番下が産まれてからは毎日バタバタして時間との戦いです。上の子たちが男の子で、毎日泥棒に入られたような部屋になってしまって、片付けに苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。